札幌市電延伸!

SANY0047.jpg SANY0049.jpg SANY0051.jpg

3日前に買ったきり読む暇がなかった鉄道ジャーナルを開いてみると、札幌市が2012年度予算から市電の「西4丁目」と「すすきの」の両ターミナル間を結んで路線をループ化する計画をスタートさせる、開業予定は2014年度末、という記事が目に入った。複線をそれぞれの歩道側に走らせ、歩道から乗降できる「サイドリザベーション方式」を導入する、というのもヨーロッパなどでは常識だが日本では快挙だろう。もう「道路交通の邪魔者市電」なんて言わせないぞ。

ローカル線の廃止だの各路線の減便だのと不景気な記事の多い今号だが、これは明るいニュースだ。駅前に通じ地下は地下鉄が走る大通りに路面電車復活というのもインパクトが大きいだろう。逆方向、札幌駅前にも延伸してラケット型の路線にできれば、もっとインパクトが大きいだろう。そして、何度も書いたように超低床車両の導入など車両側の改善だけでなく、線路や信号も変えて全体をより高速・快適なLRTにしてほしい。

同じ鉄道ジャーナルによれば、東京都中央区(銀座-晴海地区)、新潟市内などのLRT構想は結局、より安直なBRT(専用レーンに連接の大型バスを走らせる方式)に変えられてしまいそうだということ。堺市、東京の豊島区や宇都宮市のLRT建設案も、もっと昔からある岡山や長崎の路面電車延伸構想も、古い路面電車像にもとづく偏見に阻まれて実現していない。富山より都市規模がずっと大きい札幌で、ぜひ路面電車再生を実現して、他都市の尻をたたいてほしい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR