ベトナムの社会主義はどうなっている?! 講演会のご案内

ベトナム全土解放36周年 記念講演会

社会主義についての世界的な関心が強まっている中、ベトナムの社会主義はどうなっているのでしょうか。日本ベトナム友好協会がこの数年行ってきた、ベトナム社会主義の研究成果を聞く講演会を企画しました。今年1月に開かれたベトナム共産党の第11回大会における決議の内容や、大会運営の実情について、日本ベトナム友好協会会長の古田元夫氏にうかがいます。

詳細は
日本ベトナム友好協会大阪府連合会

日時 2011年4月28日(木) 午後6時半から(開場6時)
場所 グリーン会館(天満橋1丁目、地下鉄天満橋駅下車徒歩5分)
講演 「ベトナムの発展と社会主義―ベトナム共産党第11回大会を通して考える」
講師 古田元夫(日本ベトナム友好協会会長・東京大学教授)

主催 日本ベトナム友好協会大阪府連合会・(株)センターツーリスト(共催)
協賛 大阪年金者組合・大阪科学者会議・NPO Vハート
参加費 資料代1000円
参加申し込み・問い合わせは日本ベトナム友好協会大阪府連合会事務所(06-6768-4868)までどうぞ。
(上記ホームページにも、申し込み・問い合わせフォームがあります)

※ベトナム革命史・現代史の国際的に著名な専門家である古田元夫氏は、1949年生まれ、東京大学大学院総合文化研究科長兼教養学部長、東京大学副学長などを歴任、現在は東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻教授。著書に『歴史としてのベトナム戦争』(大月書店、1991年)、『ホー・チ・ミン――民族解放とドイモイ』(岩波書店、1996年)、『ドイモイの誕生――ベトナムにおける改革路線の形成過程』(青木書店、2009年)などがある。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR