FC2ブログ

東南アジア学会関東例会のお知らせ

日時:2020年1月11日(土)13:30~17:45
場所:早稲田大学早稲田キャンパス 19号館 710教室(アクセス
例会終了後、1時間程度の簡単な懇親会を開催いたします。

第一報告(13:30~15:30)
報告者:須藤玲(上智大学大学院)
コメンテータ:福武慎太郎(上智大学)

報告題目:教授言語政策の形成プロセス分析から見える小規模草創期国家の教育戦略
     -東ティモールの教授言語政策をめぐるダイナミズムに関する研究から-

要旨:本発表では、2011年から2013年にかけて試験的に実施された、母語を教授言語として容認する教育政策(MTB-MLE:Mother
Tongue Based Multilingual Education
Policy)を政策立案プロセスに関する分析事例から、小規模草創期国家・東ティモールの教授言語政策をめぐるダイナミズムを明らかにする。発表者は2019年4月、9月にフィールド調査を行い、本教育政策の立案に関わった人・組織に対してインタビューを行った。その結果MTB-MLEの政策立案の際に、多様なアクターが関わっており、それぞれが異なる意図をもって参画しており、東ティモールの教授言語政策立案のポリティクスが描き出された。つまり、東ティモールの教授言語政策は、単に旧支配国の影響だけではなく、政府内のパワーバランス、とりわけ草創期の国家が置かれた国際関係など、様々な要因で決まっていくという、東ティモールの教育政策立案のダイナミズム、ひいてはグローバル化時代における小規模草創期国家の生存をかけた教育戦略が浮き彫りとなった。

第二報告(15:45~17:45)
報告者:森田良成(桃山学院大学)
コメンテータ:福武慎太郎(上智大学)

報告題目:穴だらけの国境を越える
     ーティモール島国境地域における「周縁性」の考察

要旨:東ティモール民主共和国の成立によって、ティモール島はインドネシア共和国領西ティモールと東ティモール領とに分かれた。本発表では、東ティモール領の「飛び地」であるオエクシ県を囲む国境に注目する。国家の周縁に位置し、開発の遅れた山村にすぎなかった場所は、国境線が引かれることで、異なる政治経済体制が向かい合う場所となった。そこでは人と物の移動が制限を受けることになり、それゆえに新しい移動と経済的利益が生まれることになった。国境付近で暮らす農民たちは「ねずみの道(ジャラン・ティクス)」を使って「密輸」を行うようになり、それは村の日常の風景として「公然の秘密」といわれるものになっていった。
 本発表では、国境ができたことによって「可能」となった新しい移動の意味と、どちらかの国家の「国民であること」が人々の生活に何をもたらしているのかを明らかにしながら、国家の周縁における国民と国家の関係について議論する。


みなさまのご参加をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR