FC2ブログ

阪大歴教研の12月例会:歴史総合(指導要領解説)の問いをもとにした院生発表

さて、今年はうまくいくかな?

【大阪大学歴史教育研究会 第125回例会】

 日時:2019年12月21日(土)13:30~17:30
 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 地図

大学院生グループ報告『新学習指導要領解説「歴史総合」の「問い」を考える』

(趣旨説明)
 2020年度に始まる「歴史総合」「世界史探究」「日本史探究」では、いずれも「問い」を含む授業が求められている。2019年3月の第119回例会では、西村嘉高先生により新学習指導要領解説に例示された「問い」の全体像が示された。そこで、今年度の院生報告では「歴史総合」の大項目「B 近代化と私たち」「C 国際秩序の変化や大衆社会と私たち」に例示されている「問い」の案から、学生が自ら選択した「問い」に対し、新しい研究動向を踏まえて解答することに挑戦する。

【1】小川莉菜(日本史M1)・谷垣美有(西洋史M1)・内藤裕子(東洋史M1)・向井健悟(日本史M1)
「欧米で生まれた国民国家はなぜ日本をはじめ世界へ広がったのだろうか」

【2】石垣萌香(日本史M1)・浦田光(西洋史M1)・富谷竜一郎(日本史M1)・松尾和花菜(文芸学M1)
「第一次世界大戦は,国際関係をどのように変えたのだろうか」
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR