FC2ブログ

中村哲著『東アジア資本主義形成史論』の合評会

京都民科歴史部会 12 月例会
東アジアにおける資本主義の形成
――中村哲著『東アジア資本主義形成史論』を読む――

中村哲氏の著書『東アジア資本主義形成史論』(汲古書院、2019 年 4 月)が上 梓された。中村氏は、1990 年代以降、比較史の方法をもちいて、日本・中国・ 韓国を中心とする東アジアにおける資本主義形成の特質を明らかにしてきた。 そのうち 2001 年から 2010 年までの研究成果を3編8章にまとめたのが本書で ある。 12 月例会では、堀和生氏をコーディネーターにむかえ、日本経済史の長島修 氏、中国経済史の久保亨氏、インドネシア経済史の植村泰夫氏が自らの専門分 野から書評をおこなうともに、東アジアのなかでの比較を通じたコメントも加 える。それらに対する中村氏のリプライを含めて総合討論をおこなうことによ り、東アジアにおける資本主義形成の歴史的特質を明らかにするとともに、現 代世界資本主義の歴史的な段階についても全体的な討論をおこないたい。


報 告: 植村泰夫氏(広島大学) 「東南アジア史から(インドネシア史を中心に)」 久保 亨氏(信州大学) 「近現代中国資本主義の強さをめぐって(仮)」
長島 修氏(立命館大学) 「日本経済史研究と東アジア資本主義(仮)」 中村 哲氏(京都大学) リプライ コーディネーター 堀 和生氏(京都大学)

日 時: 2019 年 12 月7日(土)13:00~17:00 場 所: 京都府立大学 稲盛記念会館2階 205 教室《地図 裏面参照》 (〒606-8522 京都市左京区下鴨半木町 1-5 地下鉄烏丸線「北山駅」から徒歩 5 分) ■参加費 無料

主催:京都民科歴史部会 共催:日本史研究会・中国現代史研究会

〔問合せ先〕京都民科歴史部会事務局 〒603-8577 京都市北区等持院北町 56-1 立命館大学文学部 金津日出美研究室気付
(問合せ用メール)kyotominka(a)gmail.com
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR