FC2ブログ

12/12・12/14:東南アジア・ドキュメンタリー映画上映会「ジャスティス」のご案内

京都大学東南アジア地域研究研究所では下記の要領で東南アジアを対象に
した短編ドキュメンタリー映像作品の上映会を京都(12月12日)と東京
(12月14日)で開催します。

「ジャスティス」をテーマに東南アジアから応募された短編ドキュメンタ
リー作品の中から、厳選した5作品を日本語字幕付きで上映します。
上映後は、各地域の専門家による解説と、各作品の監督をゲストに迎えた
トーク・セッション(同時通訳つき)を行います。京都だけでなく東京で
も開催しますので、お誘いあわせの上ふるってご参加ください。

―――――――――――――――――
第8回 Visual Documentary Project
―――――――――――――――――
■京都上映会
日時:2019年12月12日(木)午後1時30分~午後6時
場所:東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館・大会議室
アクセス:https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/
参加方法:入場無料・事前予約不要・同時通訳あり
主催:京都大学東南アジア地域研究研究所
共催:国際交流基金アジアセンター
HP:https://vdp.cseas.kyoto-u.ac.jp/vdp2019/

■東京上映会
日時: 2019年12月14日(土)午後1時30分~午後6時
場所: 東京ウィメンズプラザ
アクセス:http://www.jpf.go.jp/j/access/map.html
参加方法・プログラム:https://jfac.jp/culture/events/e-vdp2019/
主催:国際交流基金アジアセンター
共催:京都大学東南アジア地域研究研究所

■上映作品(番号は上映順)
1.「私たちは歌で語る」(Dony Putro Herwanto監督、インドネシア、2018)
ある出来事を巡る真実を次の世代に伝える手段にはいろいろなものがある。歌を通
して伝えることはその一つだ。ディアリタ合唱団は、1965年に自分たちが経験した
出来事の真実を歌にする道を選んだ。その歌詞は、両親・友人や自然の美しさ、そ
して祖国への愛を謳いながらも、この歴史的な出来事の暗い側面を理解するための
別の見方を提供する。

2.「落ち着かない土地」(Nguyen Thi Khanh Ly監督、ベトナム、2019)
ホーチミン市の新都市計画が進む2区の中にあるトゥーティエムとアンフー地区に、
1000平方メートルもの土地を持つ74歳のホンさんは、幸運にも土地の収用を免れた
が、彼女の5人の子供たちは土地を収用されてしまった。今、彼女の唯一の願いは、
残された土地を自分と子供たちのために守り抜くことだ。

3.「叫ぶヤギ」(Thunska Pansittivorakul監督、タイ、2018)
「タイ南部の国境地帯は危険で恐ろしく、住むべきところではない、暴力に満ちた
場所だ。」メディアはたいていこの地方をこのように紹介する。しかし、南部の国
境地帯は実際にはどのようなところなのだろうか。この作品は、女性同士のカップ
ルの目を通じて、この地方についてのもう一つの見方にいざなう。

4.「あの夜」(Jeremy Luke Bolatag監督、フィリピン、2018)
2016年9月2日にフィリピン・ダバオ市のロハス夜市で起こった爆弾事件の二人の生
存者に、その後の生活を取材した。爆発で重傷を負った市場の露店商と、マッサー
ジ中だった妻と息子を爆発で亡くしたトラック運転手の二人を中心に語られる。二
人の生存者の悲劇から一年後の記録である。

5.「物言うポテト」(Sein Lyan Tun監督、ミャンマー、2016)
「ポテト」という名の、障がいを持つカレン族の若い女性の物語。彼女は近所に住
む既婚者にレイプされた。男は訴えられたが、婚外の性的関係を持った誘惑事件し
てうやむやにされた。しかし、固い意思を持つポテトと家族は、長い間口をつぐん
で苦しんできた女性たちとこの事件を共有するため、真実と正義を求めて立ち上がっ
た。

■京都上映会コメンテーター(登壇順)
倉沢愛子(慶應義塾大学・名誉教授)
坂川直也(京都大学東南アジア地域研究研究所・連携研究員)
ピヤダー・ションラオーン(天理大学・准教授)
青山和佳(東京大学東洋文化研究所・教授)
若井真木子 (山形国際ドキュメンタリー映画祭・東京事務局)

■上映作品詳細情報
監督プロフィールほか詳細情報は下記をご覧ください。
https://vdp.cseas.kyoto-u.ac.jp/vdp2019/#sakuhin
■Visual Documentary Projectについて
東南アジア地域の若手映画作家らが、彼らの目を通して見たもの、心で感じたも
の、また体感したものを、ドキュメンタリー映像という形で表現するプラットフォー
ムを提供すべく、2012年から京都大学東南アジア地域研究研究所により始められ
ました。詳しくは下記をご覧ください。
https://vdp.cseas.kyoto-u.ac.jp/about-project/
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR