FC2ブログ

女性研究者による多宗教社会でのフィールドワークに関する研究会のご案内

イスラム教が社会に大きな影響を与えているけれど非イスラム教徒が国民の半数
近くを占める多宗教社会マレーシアで長期にわたってフィールドワークを行って
きた2人の女性研究者を招き、多宗教社会におけるフィールドワークに関わる諸
問題、とりわけ男性優位である研究対象の間で女性研究者がフィールドワークを
行うことに関わる諸問題について参加者と共有します。あわせて、これからフィー
ルドワークを行おうとする若手研究者に対する個別の研究相談も行います。

Hanging out with Islamist, Gangsters and Revolutionaries: A Female perspective on The Art of (not) Being Prepared for Fieldwork

日時 2019年12月4日 12:00~
場所 京都大学稲盛財団記念館213室(セミナー室)

講師
1. Sophie Lemiere (京都大学招へい研究員、マレーシア政治)
2. Vilashini Somiah (マラヤ大学上級講師、サバ政治)

主に博士課程に在籍中または修了後の若手の研究者を対象にしていますが、趣旨
を理解して関心がある方なら年齢・性別にかかわらずどなたでも参加できます。

会議はすべて英語で行われます。(通訳なし)

個別の研究相談は事前登録が必要です。

詳細は以下をご覧ください。
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/2019/12/20191204/
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR