FC2ブログ

関西比較中世都市研究会のご案内

第 37 回 2019 年 11 月 15 日(金) 18:30~21:30 会場:大阪市立大学文化交流センター 小セミナー室 (大阪駅前第 2 ビル 6 階) http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/academics/institution/bunko/index.html
報告;向井 伸哉氏(中世フランス史、大阪市立大学) 「14 世紀後半南仏ベジエ地方における自治体間の協力関係: 集会、使節、課税、連合」 14 世紀後半、南仏ラングドック地方の中央に位置するベジエ地方には、セリニャン村と ヴァンドレス村の自治体会計簿に代表される豊かな村落史料が残存している。この種の会計 文書は、村落が近隣の自治体と取り結んだ協力関係を解明することを可能にしてくれる。14 世紀半ば以降、百年戦争の激化にともない、ベジエ地方は治安悪化と戦争に関連した王権か らの要求(課税など)の増加に直面する。こうした危機的状況を乗り越えるために、同地方 の諸自治体は協力し、一体となって地元の問題に取り組むことを余儀なくされた。その結果、 各々自主独立の気風を固守しつつも、複数の自治体によって織り成される新しい政治社会が 現出し、村を越えたローカルあるいはリージョナルな地域意識が醸成されることになった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR