FC2ブログ

春の叙勲

例年5月3日に発表される春の叙勲が、天皇退位のため今日にずれ込んで発表された。
春の叙勲と対になる秋の叙勲については、院生時代、朝の新聞に目を通すのが義務だった。東洋史関係の学者が受勲した場合、同日に開催される東洋史研究会大会で、その先生に懇親会の乾杯の音頭をとってもらうという習慣があったからだ。編集委員をしている院生は、そのために新聞に目を通すように言われていたのである。

さて、今回は知ってる歴史やアジア学の先生がたくさん並んでいる。東南アジアではベトナム近現代史の白石昌也、地域研究の立本成文、日朝関係史の田代和生、フエ王宮の修復などに関わられた建築史の中川武さんの名前もある。

知ってる人が多いのは、団塊の世代が対象年齢になってきたこともあるだろうが、大事なのは、その世代で新しい分野のアジア研究に取り組む人が増えたということだろう。背景に中国革命と毛沢東思想、ベトナム戦争、「日米同盟」と日本の東南アジア経済進出などいろんなことがあったというのは、今に若い人たちには特に教えないとわからないだろう。

で、外国人の受勲者を見ると、ナムディン日本語・日本文化学院校長のファム・フー・ロイ(62)という名前がある。
これはホーチミン市で旅行ガイドをしていたあのロイさんに違いない。
1986年、冨田健次先生が引率する学生の旅行にもぐり込んで初の訪越をしたとき、最初に入国したホーチミン市から北上してフエ・ダナンまでの行程を案内してくれたのがロイさんだった。ハノイに日本語科が最初に出来た外国貿易大学の出身で、当時の日本語通訳のなかでは、とても上手な人の一人だった。
その年の秋にハノイ留学がかない、88年の旧正月を利用してホーチミン市・メコンデルタからハノイまで南北縦断旅行をした。そのときもロイさんが案内してくれた。一緒に行ったのは細井佐和子さんとドイツのマルティン・グロスハイムだった。
たしかロイさんとは、その後来日した際に東京で会ったこともある。
ナムディンが故郷だと聞いたような、かすかな記憶がある。

しばらくナムディンを訪ねていないが、また行きたくなった。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR