FC2ブログ

第24回フィリピン研究会全国フォーラムの発表者募集

第24回フィリピン研究会全国フォーラムについてご連絡申し上げます。2019年のフォーラムは、名古屋大学において6月22日と6月23日に行います。大学院生、研究者、NGO・企業・政府機関の実践家、アーティストなどが、ご自身の研究や活動をフィリピンに関心のある日本内外の人々と共有し話し合う場となれば幸いです。発表者の応募期間は、4月22日までです。

次の発表分野を歓迎いたします。
・学術発表:歴史学、ジェンダー研究、文化人類学、メディア研究、社会学、文学、宗教学、民族音楽研究、政治学、移住研究、その他フィリピンに関連する研究
・NGO、企業、政府機関の実務者による実践報告
・アーティストの報告/パフォーマンス/展示・映像上映

ご関心のある方は以下のホームページを閲覧ください。
https://philippinestudiesgroupjapan.wordpress.com

振るってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

第24回フィリピン研究会全国フォーラム実行委員会
東賢太朗・日下渉・吉澤あすな
philstudies2019[at]gmail.com


Dear all,

We are pleased to inform you that the 24th Young Scholars’ Forum on Philippine Studies in Japan will be held at Nagoya University on 22 June and 23 June 2019. This forum is an ideal venue for graduate students, researchers, practitioners, and artists to share and discuss their research and ideas with fellow Filipinists in Japan and outside. The submission deadline for the presentation is April 22.

We are interested in the following forms of presentations.
- Academic presentations on various disciplines, including but not limited to: history, gender studies, anthropology, filmmedia studies, sociology, literature, art history, religious studies, musicology, political science and migration studies.
- Presentation on activities by NGOs, the private sector, and government agencies.
- Art performance, film showing, and exhibitions by artists.

If you are interested, please visit our website.
https://philippinestudiesgroupjapan.wordpress.com/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/

Sincerely yours,

Kentaro Azuma, Wataru Kusaka, and Asuna Yoshizawa Steering Committee, the 24th Young Scholars' Forum on Philippine Studies Japan philstudies2019[at]gmail.com
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR