FC2ブログ

ファン・フイ・レー先生追悼特集と西村昌也君

ベトナムの雑誌『考古学』の最新号が届いた。タンロン遺跡の調査保存など考古学に関連する分野でも大きな仕事をされたファン・フイ・レー先生の追悼特集である。他誌でもレー先生の追悼特集が相次いでいる。
イメージ (129c)
『考古学』の表紙は、タンロン遺跡を訪れた小泉首相に、発掘の中心になったトン・チュン・ティンさんやブイ・ミン・チーさんなどベトナムの学者たちが説明をしているところ。レー先生は画面左から2人目である。

そして、ああ、首相の左で通訳をしているのは西村昌也君。
その後の遺跡保存や考古学・古代学の展開をボロクソに言う彼の声と、その後のガハハハ笑いが聞こえてくるようだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR