FC2ブログ

日本軍政期インドネシアのキリスト教に関する公開セミナー

下記の通り、10月29日に京都大学東南アジア地域研究研究所にて、日本軍政期時代インドネシアのキリスト教に関する公開セミナーを企画しています。
事前の参加登録は不要です。ご興味ある方は、ぜひご参加下さい。

【日本軍政期時代インドネシアのキリスト教に関する公開セミナー】
本セミナーでは、Driyarkara School of Philosophy (Sekolah Tinggi Filsafat Driyarkara)の学長である、
Simon Petrus Lili Tjahjadiさんをお招きし、ジャカルタ日本軍政期インドネシアのキリスト教に関するTjahjadiさんの近著である
Surviving the Dai Nippon: A History of the Catholic Church in Indonesia during the Japanese Occupation (1942-1945)についてお話いただきます。
17年にわたってインドネシアにて布教のご経験がある木村公一さん(福岡国際教会)のコメントとあわせ、貴重な機会ですので、ぜひご参加下さい。

日時:2018年10月29日(月)15:00-17:30
場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館 3階小会議室1
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/

主催:「東南アジア研究の国際共同研究拠点」共同研究「インドネシアにおける宗教による平和と共生の模索」【野中葉代表(慶應義塾大学)】
共催:科学研究費 15KK0118「20世紀アジアの国際関係とインドネシア華人の移動」(国際共同研究強化)【北村由美代表(京都大学)】
Co-organized by Grants-in-Aid for Scientific Research No.15KK0118

要旨:
During the Japanese Occupation the Indonesian Church went through a severe crisis. Nearly all the foreign missionaries were taken to prison camps. Bishop Aerts of Maluku-Papua and his 12 brothers were shot without preceding investigation. Japanese atrocity accounted for the death of 281 missionaries during the occupation. The only Indonesian bishop, 19 native priests, 60 brothers and 206 sisters were allowed to carry on.

The Japanese had two Japanese bishops and seven priests as “religious unit for peace” (shūkyō senbuhan yōin) come over from Japan, as they had also some Islamic religious leaders come over for the Moslems. Through this religious unit the Japanese hoped to strengthen their influences on the Church for the benefit of the Japanese cause. But that was not exactly a success, because the Japanese clergy did not comply with the wishes of Japanese authorities, but worked for the Indonesian Church, together with the foreign missionaries and Indonesian priests.

During those years many Catholics and non-Catholics must have seen clearly that being a Catholic is not identical with being a Westerner.
Not only the Indonesian clergy in Java went on working and propagating faith as before, but now the Japanese clergy worked and preached exactly as did Indonesians and had been done by foreign missionaries (Dutch).

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR