阪急ブレーブス史上のドリームチーム

サンケイスポーツの「プロ野球三国志」で、太田幸司のつぎは松永浩美の連載が始まった。
阪急~オリックスの三塁手だったスイッチヒッターである。上田利治監督が最後に優勝した1984年の少し前から、ショートの弓岡敬二郎とならんで頭角をあらわした。駿足好守で長打力もあるいい選手だった。親会社がオリックスになってすぐに「ブルーサンダー打線」では1番を打っていた。

これで思いついて、阪急ブレーブスのドリームチームをつくってみた。
打線は、
  8 福本豊
  7 蓑田浩二
  3 ブーマー・ウエルズ
  9 長池徳二
  4 ボビー・マルカーノ
  D 高井保弘
  5 松永浩美
  2 中沢伸二
  6 大橋穣
そんなにホームランバッターが揃わないところがブレーブスらしい。とくに8番中沢、9番大橋は打撃が弱いが、守備と意外性が75年からの三連覇におおいに貢献した。ほかにレフトは大熊忠義、ファーストは加藤英司、セカンドはダリル・スペンサー、サードは島谷金二などももちろん捨てがたい。ショートの控えは弓岡か。外野の控えは盗塁日本記録を持っていた河野旭輝とスーパーキャッチの山森雅文も入れたい。阪急時代を知る唯一の現役選手として頑張るファイターズの中嶋聡を、種茂雅之とならんでキャッチャーの控えに入れたい。戸倉勝城とか古川清蔵、レインズなどの世代は残念ながら知らないので省く。

ピッチャーはもともと(弱い時代から)名投手が多かったチームなので選ぶのがむずかしいが、独断で
  梶本隆夫
  米田哲也
  足立光宏
  石井茂雄
  山田久志
  今井雄太郎
  山口高志
  佐藤義則
  山沖之彦
  星野伸之
これも野口二郎はもちろん、天保義夫、今西錬太郎などの世代も見たことがないので省く。左腕がもう1人ぐらいほしいが、350勝1人、250勝2人、150勝が4人と壮観だ。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR