FC2ブログ

北海道における在留ベトナム人および技能実習生に関する研究会

参加自由の研究会。
「グローバル教育」が一部企業エリート養成だけを目的として唱えられているという誤解を解く役割もありそうだ。
日本は地域の人間関係をグローバル化に対応したものにしないとやっていけないのだ。

「北海道における在留ベトナム人の現状と課題ー技能実習生の実態から」

近年、急増する北海道のベトナム人について、その社会的背景と彼らの生活環境を考えてみます。

日時:10月20日(土)10:00~16:30
場所:北海学園大学豊平校舎7号館3階D31教室
札幌市豊平区旭町4丁目1-41
*地下鉄東豊線「学園前」駅直結 https://hgu.jp/guide/access/

プログラム:
〇第一部[10:00~12:30]
斉藤善久(神戸大学)「ベトナムから見た技能実習制度」
宮入隆(北海学園大学)「北海道農業における労働者不足と技能実習生の受け入れ」
川越道子(大阪市立大学)「ベトナム人技能実習生支援の現状と課題」
中川かず子(北海学園大学)「道内ベトナム人技能実習生の日本語学習意識と学習環境―実態と支援に向けての課題」

〇第二部[13:20~14:30]
佐々木清美(札幌国際大学)「北海道内日本語教育機関におけるベトナム人留学生」
許仁碩 (北海道大学)「目が届かないところまで届く―台湾における外国人漁船員の人権保護に向けての課題」

〇第三部[14:30~16:30]
設楽澄子(一橋大学)「北海道におけるベトナム人技能実習生の生活実態」
湯山英子(北海道大学)「北海道在留ベトナム人に関する調査の概要」

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR