FC2ブログ

10月の東南アジア学会関西地区例会

10月の関西地区例会は、1988年民主化運動から30年目を迎えたミャンマー現代政
治をふりかえるべく「現代ミャンマー政治の原点をめぐって:伊野憲治『ミャン
マー民主化運動』(めこん、2018)書評会」と題する書評会として開催します。
お誘いあわせのうえ、ふるってご参加ください。

●日時:2018年10月13日(土)13:30-17:30
●場所:京都大学稲盛会館2階213号セミナー室
(http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/)
●プログラム:
13:30-13:40 中西嘉宏(京都大学)「趣旨説明」
13:40-14:20 伊野憲治(北九州市立大学)「『ミャンマー民主化運動―学生たち
の苦悩、アウンサンスーチーの理想、民のこころー』自己レビュー」
14:30-15:50 コメント〔各20分〕
根本敬(上智大学)「ビルマ暦1300年闘争(1938-39)とのアナロジー」
中西嘉宏「国軍から見た1988年民主化運動とクーデター」
土佐桂子(東京外国語大学)「民衆「運動」の再考」
髙橋昭雄(東京大学)「なぜあの時だったのか?:「民主化運動」の経済的要因
を考える」
16:00-17:30 ディスカッション
18:00- 懇親会

●趣旨
本例会では、伊野憲治『ミャンマー民主化運動:学生たちの苦悩、アウンサンスー
チーの理想、民のこころ』(めこん、2018)の書評会をおこなう。1988年、ヤン
ゴン郊外での若者同士の喧嘩に端を発した反政府デモは、ミャンマー史上最大規
模にまで発展した。ついには、当時の独裁者で同国を26年にわたって支配したネー
ウィンが辞任する。しかし、同年9月18日に国軍がクーデターを敢行し、デモ隊
を暴力的に弾圧した。その後、国軍による統治はなし崩し的に約23年間続き、そ
の間、ミャンマーの民主化運動は弾圧され続けた。2011年、軍事政権は終わり、
同国の政治活動の自由は格段に広がった。2016年には、アウンサンスーチー率い
る国民民主連盟(NLD)が政権与党になっている。とはいえ、現憲法下でも国軍
に対する文民統制は弱く、NLDと国軍との関係は微妙なバランスの上に成り立っ
ていて、1988年の民主化運動が生み出した「民主化勢力と国軍の対立」という構
図は、かたちを変えて今も続いている。1988年の民主化運動は現代ミャンマー政
治の原点なのである。今年は1988年民主化運動勃発とそれへの悲惨な弾圧から30
年目にあたる。今年出版された伊野憲治『ミャンマー民主化運動』はこの運動を
中心に、同国の民主化運動について検討した書で、そこからミャンマーの政治と
社会に関する多くの論点を引出すことができる。本例会では、筆者の伊野会員に
同書の内容や執筆の背景について報告してもらったあと、分野の異なる4名のミャ
ンマー研究者がコメント、または話題提供を行ない、ミャンマー民主化運動につ
いて多角的に掘り下げることにしたい。

●報告
・伊野憲治(北九州市立大学)
「『ミャンマー民主化運動―学生たちの苦悩、アウンサンスーチーの理想、民の
こころー』自己レビュー」
本報告では、まず、本年3月に「めこん」より出版された拙著『ミャンマー民主
化運動』の構成、内容を背景となる現地体験等と関連付けながら概観する。その
上で民主化勢力内での学生運動家たちとアウンサンスーチーの主張、行動を比較
しながら、結局、民のこころに吸収されていく民主化運動の姿を明らかにする。
最後に、現代ミャンマーを理解するうえでの本書の意義と問題点を再検討し、本
書で語り尽くせなかった、民主化運動の別の局面を提示し、今後の課題としたい。

●共催:JSPS科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)15KK0085「体
制移行期ミャンマーにおける国軍の組織的利益の研究」(研究代表者:中西嘉宏)

東南アジア学会
関西地区担当 
西芳実、伊藤正子、田崎郁子、伊澤亮介

**********************************************
京都大学東南アジア地域研究研究所
西芳実 NISHI Yoshimi, Ph.D.
〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46
Phone 075-753-9615
E-mail: ynishi(a)cseas.kyoto-u.ac.jp
**********************************************
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR