FC2ブログ

マレーシア総選挙についてのセミナー(3)

「2018年マレーシア総選挙を考える(3)」

日時 2018年9月30日(日) 午後1時~5時
場所 京都大学東南アジア地域研究研究所(稲盛財団記念館)213号室
https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/

趣旨
1957年の独立以来はじめての政権交代をもたらした2018年5月の総選挙をどのよ
うに理解するかについて、マレーシアの国内外で多くの研究発表が行われている。
そこでは今回の総選挙の投票結果に合理的な理由を与えることが試みられるとと
もに、従来当然視されてきたマレーシア研究の枠組みの多くが今回の総選挙で有
効性を失ったかに見える状況に対して、マレーシア社会を捉える方法の再検討も
試みられている。
この研究会では、これまで長くマレーシア政治の基本とされてきた民族の政治お
よびそれを支える構造が今回の総選挙の前後でどのように変わりつつあるのかを
考えるとともに、民族の政治に代わる枠組みとして州ごとの地域アイデンティティ
が意味を持ちつつある状況を捉えてみたい。
畝川報告では、民族政治をどう見るのかをトピックの1つとして、民族以外の話
題も交えながら、マレーシアにおける選挙と民族について話題提供する。
篠崎報告では、ペナン州を事例として、今回の選挙前後に開発・災害・移民をめ
ぐるNGOの活動や地方政党設立の動きが見られたことを従来のマレーシア政治の
枠組みに照らしてどのように位置付けることができるかを検討する。

報告
1.畝川憲之(近畿大学国際学部)
「2018年マレーシア総選挙の争点と民族」
2.篠崎香織(北九州市立大学外国語学部)
「争点化する地方政治:2018年総選挙におけるペナン州を事例として」

当日は建物の正面入り口が施錠されています。建物南側の裏口に午後0時40分~
55分にドア開け係が立つようにしますので、その時間帯に来るようにしてくださ
い。それよりも遅れた場合には075-753-9608(会場直通)までお電話ください。

関心がある方々の参加を歓迎します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR