政治学者・白井聡さんが語る 安倍政権の今

https://mainichi.jp/articles/20180517/dde/012/010/004000c
おとといの毎日新聞夕刊。

前半は4月に出した『国体論 菊と星条旗』の中身の紹介。
天皇のかわりに米国を戴く戦後日本の「国体」。自民党を中核とする日本の政治権力は「『アメリカに従う政治的理由を見つける』ことに狂奔してきた」。
<本物の奴隷とは、奴隷である状態をこの上なく素晴らしいものと考え、自らが奴隷であることを否認する奴隷である。さらにこの奴隷が完璧な奴隷である所以は、どれほど否認しようが奴隷は奴隷にすぎないという不愉快な事実を思い起こさせる自由人を、非難し誹謗中傷する点にある>(読点の位置を一部修正させていただいた)。
こういう日本の支配層は朝鮮戦争の終結を嫌がっている。

後半は安倍内閣支持層の分析。「『統治機構が実はこんなに頼りになる』というファンタジーを信じたい人たちが大勢いるようです」
「安倍さんは名言を残しました。『何かをやっている感じが大事だ』と。これはまさに今日の時代精神です。本当にやっているかではなく、そう見えることが大事だと」。

最後の部分は30年前の「社会主義ベトナム」とよく似ている気がしてならない。あのときも政府と党は社会主義建設と祖国防衛に向けて常に「何かをやっていた」。それは全然上手くいかなかったのはすべてアメリカ帝国主義や中国覇権主義のせいだった。
いまの日本政府も「女性改革」「働き方改革」などなど常になにかをやっている。ひどくまずいことがおこったら、それはすべて北朝鮮や中国の工作員のせいだ。。。

とここまでで終わって、そういう支持層を上から目線で軽蔑するだけだったら、インテリはひどいしっぺ返しを受ける。歴史の常識がそこまでは教えてくれる。しかしどうすればよいか、とても厄介だ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR