FC2ブログ

大阪大学歴史教育研究会5月例会

日本西洋史学会など色々重なっているのだが。。。
日本の歴史研究・教育の枠組みに関するとても重要な報告が並びます。


【大阪大学歴史教育研究会 第113回例会】

 日時:2018年5月19日(土)13:30~17:30

 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 地図


【1】猪原達生(大阪大学大学院文学研究科博士後期課程)

 「東洋史学における入門教育とは―阪大東洋史の入門講座を例に―」

 大阪大学の東洋史学研究室(文学部人文学科東洋史学専修/文学研究科文化形態論専攻東洋史学専門分野)では、学部生向けの入門講座を毎年度4〜5月に研究室構成員が全員出席する合同演習の場で開催している。この講座は、阪大での東洋史学の研究に必須となる基礎知識のうち、主に東洋史学史・漢籍・工具書の3分野について博士後期課程院生が学部生に向けて講義するものである。この入門講座の主目的は当然学部生に向けての基礎知識の提供であるが、その内容はある程度までが発表する大学院生の裁量に委ねられており、大学院生自身の学びの場ともなっている。
 本発表では、東洋史学入門講座の内容とその意義について、歴史学界全体の状況や発表者自身の考えも交えて紹介することで、歴史学の入門教育の一例を示したい。合わせて、入門講座を授業として独立させた想定で、シラバスの試案を提示したいと思う。


【2】佐藤正幸(山梨大学名誉教授)

 「母国語による近代化と日本の歴史学―歴史概念用語の創出がディシプリンとしての歴史学を形成する―」

 「ディシプリンとは、当該の学問分野独自の定義に基づいて造語された概念用語を使用し、その学問独自の理論と方法に基づいて、この世界で生起している現象を説明し、解明せんとする(集団的)知的行為である。」 と定義される。[佐藤(2016)]
 具体的には、歴史叙述・歴史教育で使用される概念用語として、例えば、「歴史」、「西洋」、「東洋」、「西暦」、「鎖国」、「藩」等々の概念用語がある。これらの用語は、欧米語からの翻訳ではない。日本人が過去を振り返るときに、その時代には使用されていなかった熟語を創出することで、過去の出来事をより良く理解しようとして行われる歴史的思考行為である。
 本報告では、上記のような歴史概念用語から、「歴史」、「西洋」、「西暦」という日本独自の概念用語について、そのユニークさと創作の背景を述べる。そして、これらの造語の背後には、19世紀中頃以降、日本が「母国語による近代化」という、世界的に見て極めてユニークな近代化の方法を採用することが可能であった、歴史的文化基盤の重要性について考察する。

[参考資料]
① 佐藤正幸「西洋史学はディシプリンかー母国語による近代化の上に成立した世界的にユニークな学問」『西洋史学』 (260) 42-55 2016年12月.
② 佐藤正幸「西ヨーロッパと東アジアにおけるヒストリオグラフィーのアーキタイプ研究」『山梨国際研究』(11) 82-98 2016年3月.
(URL: http://www.yamanashi-ken.ac.jp/wp-content/uploads/kgk20160091.pdf)
③ 佐藤正幸「明治初期の英語導入に伴う日本語概念表記の変容に関する研究」『山梨国際研究』 (9) 25-36 (2014).
(URL: http://www.yamanashi-ken.ac.jp/wp-content/uploads/kgk2014003.pdf)

(※参考資料②、③は併記のURLからダウンロードしてください。①は当日コピーを配布します。)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR