FC2ブログ

映画が映す東南アジアの内戦・テロと震災・津波

明後日だ!

このたび下記の要領でシンポジウム・上映会を開催します。
内戦・テロや震災・津波などの災いとそれによる喪失を社会はどのように語り受
け止めているかについて、東ティモール、バリ、アチェの経験を取り上げた映画
を題材に考えます。ふるってご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シンポジウム・上映会「喪失の中の祈りと覚悟:
 映画が映す東南アジアの内戦・テロと震災・津波」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日時:2018年5月18日(金)13:45~20:30
●会場:国際交流基金 ホール[さくら](東京都新宿区四谷4-4-1)
●プログラム:
13:45 開会
14:00~16:00 参考上映(1) 映画『天国への長い道』
16:15 シンポジウム
報告1「語り得ぬ痛みを分かち合う:テロの語りへの挑戦」西芳実(京都大学)
報告2「紛争はいかに語り継がれるのか:女たちの経験」亀山恵理子(奈良県立大学)
特別ゲスト:深田晃司(『海を駆ける』監督)
モデレーター:山本博之(京都大学)
18:40~20:30 参考上映(2) 映画『ベアトリスの戦争』
●概要:
内戦・テロや自然災害などがもたらす喪失を経験した社会は、その喪失をどのよ
うに受け止めてきたか。バリ島爆弾テロ事件を題材にした『天国への長い道』、
インドネシアから独立した東ティモールの舞台とした『ベアトリスの戦争』、そ
してスマトラ沖地震・津波からの復興過程にあるアチェを舞台とする『海を駆け
る』という3つの東南アジア映画をもとに、災いを経験した人々が喪失をどのよ
うに受け止め、再び立ち上がっていこうとしているのかを考える。

●作品情報
・『天国への長い道』(2006年、インドネシア)※
世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアはイスラムの名によるテロを
どう受け止めたのか。9.11以降に「テロとの戦争」が世界化する中で発生したバ
リ島爆弾テロ事件を、テロの企画者、実行犯、犠牲者、報道の4つの視点から描
くことで恨みの連鎖を避ける道を探る。
・『ベアトリスの戦争』(2013年、東ティモール)※
インドネシア軍による全面侵攻以降、東ティモールにおいて占領が女たちにどの
ような影響をもたらしたのか。ベアトリスの夫は虐殺を逃れたものの行方不明に
なるが、16年後に村に帰ってくる。だが、ベアトリスはその男性が夫であること
に確信がもてない。
・『海を駆ける』(2018年、日本・インドネシア・フランス)
インドネシアのバンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。災害復
興の仕事をしている貴子はその謎の男にラウと名付けて預かることになる。貴子
と息子のタカシたちの周辺で、謎の男ラウはさまざまな奇跡と事件を巻き起こし
ていく。アチェ州でオールロケを敢行。2018年5月26日より全国劇場公開。
●主催:混成アジア映画研究会、国際交流基金アジアセンター
●協力:京都大学東南アジア地域研究研究所、科研費プロジェクト「物語文化圏
としての東南アジア」
●詳細情報:
http://personal.cseas.kyoto-u.ac.jp/~yama/film/event/20180518laut.html
http://jfac.jp/culture/events/events-e-konsei-asia-2018/
※参考上映される2作品はいずれも日本語・英語字幕つきです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR