FC2ブログ

白山人類学研究会(東洋大)のお知らせ

こちらはトランスジェンダーの話題

「白山人類学研究会」2018年度第2回定例研究会をおこないます。研究会への事前の参加登録は不要です。皆さんの参加を歓迎いたします。

日時:2018年5月28日(月)18:15~
場所:東洋大学白山キャンパス8号館3階 8305教室
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

*研究会終了後、懇親会をおこないます。

◇発表題目
ブギス社会における性とトランスジェンダー-ビッスとチャラバイ-(仮題)

◇発表者
伊藤眞さん(首都大学東京名誉教授)

◇要旨
 南スラウェシのブギス人は、一般に、イスラーム信仰に篤い人々として知られるとともに、伝統的信仰と慣習を堅持していることでも知られる。そうした多様性を内包した信仰のあり方を、仮に「ブギス教」と呼ぶならば、そうしたブギス教の中心にあったのが「ビッス」と呼ばれる、しばしば宗教的両性具有として特徴づけられてきた儀礼祭司であった。今日、ビッスは、いくたびかの政治的変遷の中で、その社会的役割を大きく変えつつある。彼らに今日、期待される役割とはどのようなものなのか。それについて、ブギス社会におけるトランスジェンダーである「チャラバイ」との対比の中で考えてみたい。

++++白山人類学研究会+++++
112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部松本誠一研究室内
白山人類学研究会
2017年度幹事: 箕曲在弘・寺内大左
hakusanjinrui(a)gmail.com
+++++++++++++++++++++++
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR