FC2ブログ

箕面キャンパスの研究会

箕面が元気だ!

みなさま

三日見ぬ間に葉桜という今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
OUFAS/アジア勉強会では、同日開催で第57回例会と第58回例会を企画しています(場所が異なるので、ご注意願います)。
どうぞ皆様お誘いあわせのうえご参加ください。

1)第57回例会
■日時:4月26日(木) 2限(10:30~)
■場所:大阪大学箕面キャンパス A棟602教室
■発表者:小畑徳光さん(外国語学部外国語学科ビルマ語専攻 4年)
■発表タイトル:「ミャンマー民主化運動 ~ハンナ・アーレントの革命論から~」
■要旨:本発表は、ドイツ出身の政治哲学者、ハンナ・アーレントの革命論の観点から、1988年に発生したミャンマーの民主化運動を観察する。彼女の提起した「必然(necessity)」や「自由(freedom)」といった概念を用いて、約四半世紀続いたネウィン政権-ビルマ式社会主義体制-の崩壊から第二次軍事政権が誕生する一連の過程において、民主化勢力が敗北に至るダイナミズムを明らかにする。本発表の内容は、ミャンマーにおける「民主主義」の諸相を考察した卒論の一部になる。2016年に政権を獲得し、国際社会に民主主義の現実化を周知させた政党、NLDの原点が、そして民衆による民主主義要求の原点が1988年にある。

2)第58回例会
■日時:4月26日(木) 5限(16:20~)
■場所:大阪大学箕面キャンパス B棟307会議室
■発表者:深田隼平さん(文学部人文学科OB)
■発表タイトル:「17世紀後半のアチェ王国と金鉱開発」
■要旨:スマトラ島北端部を拠点とするアチェ王国(15世紀末頃~20世紀初頭)は、東南アジアで国際貿易が発展した15世紀~17世紀の「交易の時代」において、その勢力を大幅に拡大することに成功した港市国家である。17世紀後半になると、同王国は弱小な女王が推戴され、またオランダ東インド会社などからの強まる外圧に屈しきれずに衰退期を迎えると従来見なされてきたが、近年では女王統治に関する問題をはじめ、上記のような否定的な見解は見直されつつある。しかし、同時代はアチェ王国が金の産出地として大いに有名になった時代でもあり、このことは国王の経済的基盤にも関わる問題であるといえる。そこで本研究では、当時のアチェ王国で新たに開発された金鉱地帯と国王の関係を、その開発に関する諸事情も考察しながら解明したい。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR