大阪大学歴史教育研究会第112回例会のお知らせ

今週の土曜。準備が。。。
西村先生の「日本史探究」についての報告はぜひ聞くべきものである。「探究」は従来のB科目の焼き直しではない。


【大阪大学歴史教育研究会 第112回例会】


日時:2018年4月21日(土)13:30~17:30


会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 地図


プログラム:


【1】桃木至朗(大阪大学大学院文学研究科教授・本研究会代表)

「歴史教育・入試改革の動向と大阪大学歴史教育研究会2018年度活動方針」


【2】西村嘉髙(大阪大学大学院文学研究科研究生・青山学院高等部)

「高校新学習指導要領の告示を受けて-「日本史探究」を中心に」


【報告要旨】

3月30日に2022年度から実施される高等学校の学習指導要領が官報告示された(現在、文部科学省のHPで閲覧可)。現行の指導要領との違い、中教審答申との関係、パブリックコメントとその後の変化が注目される。これらを比較検討する。

「歴史総合」については早くから議論が始まっていたが、「世界史探究」と「日本史探究」の議論は遅れている。ここでは「日本史探究」に焦点を当て、現行の日本史Bとの違い、日本と世界を扱う「歴史総合」と重なる近現代史部分の違い、入試はどう変わるのかなどなど疑問点をあぶり出していき、全体の討論で問題点を深めていきたい。

【参考文献】

君島和彦「高校必修科目『歴史総合』はどうあるべきか」(『歴史学研究』№956 2017年4月)

西村嘉髙「『歴史総合』のカリキュラム案」(『日本歴史学協会年報』第32号 2017年)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR