FC2ブログ

オープンレクチャー(Fadjar I. Thufail先生)のご案内

東大での公開講演の案内が来た。

4月から1カ月間、東京大学文化人類学研究室に客員としていらしている
ファジャール・イブヌ・トゥファイル先生(インドネシア科学院)の
公開講義のご案内です。
脱植民地化と社会的知の(再)編成について、
インドネシアの文脈でお話しいただきます。

演題: Decolonization Movement in Indonesia: Nativizing Social Sciences
日時: 4月24日(火) 10:30~12:00
会場: 東京大学駒場キャンパス14号館4階407
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/about/visitors/maps-directions/index.html

事前登録不要(無料)でどなたでもご参加いただけますので、
お誘い合わせのうえご参加ください。

Speaker:
Fadjar I. Thufail
Research Center for Regional Resources, Indonesian Institute of Sciences
Visiting Professor, Department of Anthropology, University of Tokyo

Title:
Decolonization Movement in Indonesia: Nativizing Social Sciences

Abstract:
In 1979, an Indonesian sociologist wrote a controversial article to criticize the title of “heroine” (pahlawan) awarded to Kartini, a 19th century Javanese woman said to be the first Indonesian woman who fought against suppression of women in tradtional society. Harsya Bachtiar, the sociologist, challenged the popular belief that Kartini was the first role model for woman rights activism. He points out the active involvement of Dutch scholars in producing knowledge about Kartini and discusses examples coming from places outside Java to argue that other women had occupied important social role before Kartini. The critique soon caught national attention and the Indonesian First Lady and feminists accused Bachtiar of denigrating the national hero.
The Kartini debacle broke out at a moment when Indonesian social scientists began to interrogate Dutch orientalist legacy in the production of knowledge on Indonesia. The controversy over Kartini is, therefore, a postcolonial critique and a part of decolonization movement that seeks to revive forms of “indigenous” knowledge production. This presentation is part of my current research to understand how intellectual critiques shape decolonization movement in Indonesia since the 1970s. This project analyzes how decolonization in Indonesia confronts legacies and predicaments shaped by Dutch orientalism, post Cold War capitalist modernism, Japanese technocratic and scientific paradigm, and local motion to nativize social science and humanities. These factors need to be examined to produce complex picture of decolonization movement that cannot be reduced to a simple portrait of postcolonial resistance in Indonesia.

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR