FC2ブログ

東南アジアに関する共同研究の公募

京都大学東南アジア地域研究研究所では、現在、平成30年度の共同研究を公募しています。

本公募は、研究所が推進する共同利用・共同研究「東南アジア研究の国際共同研究拠点」の活動として行います。

共同研究はタイプ別に分けられており、バンコク・ジャカルタ海外連絡事務所の利用、外国人研究者の招聘など研究所独自の特色を活かしたもののほか、将来の発展を見越した萌芽型の共同研究、若手の個人研究支援など、計6つのタイプからなります。
公募要領、申請書類は、ホームページ上で公開中です。ぜひご確認ください。

https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/open_recruitment/

締切:H30年4月9日(月)

※ 本年の公募から、締切を4月としました。


本年の公募から、「研究所の所員を研究組織に最低1名含める」という従来の条項に加えて、研究内容に即した適当な所員を、事務局側が紹介するという新たな対応を始めました。
 これにより、所員と直接的なつながりを持っていない方でも、より気軽に応募できるようになったのではと期待しています。事前のご相談をお待ちしています。

以上、よろしくお願いいたします。

----------------------
「東南アジア研究の国際共同研究拠点」事務局
小泉順子 小林知 坂本龍太
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR