スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(一部修正)真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争?

昨夜掲載した下の記事は一部不正確な点があったので修正しました。当時と現在で、ハワイと日本の時差が違っているとは知りませんでした(今日の毎日新聞も、現在の時差で書いていた)。

明日は12月8日。
今日の新聞にも、社説や記事で「太平洋戦争」にふれたものがいろいろ見られた。

大学の授業(教養課程)で、私は以下の点を強調する。
1.前提としての世界恐慌と「日中15年戦争」、そして「日満支ブロック」の形成と「南進論」

2.1941年12月8日に日本が始めた戦争の呼び名をめぐる争い。「大東亜戦争」(当時の日本の論理)、「太平洋戦争」(「不正義の日本が」「太平洋上<だけ>で」「正義のアメリカ<だけ>に」負けたという論理。これがいまでに一般的に使われるのは、敗戦後の日本がアメリカに支配・洗脳されたあらわれだという「大東亜戦争派」の見解は間違ってはいない)はどちらも一方的・独善的なネーミングであり、どちらも日本と米英の間に位置したアジア諸国の主体性を軽視している。そこで、代わりに「アジア太平洋戦争」という第3のネーミングがよく使われるようになっている。

3.戦争の開始:「真珠湾攻撃で始まった」はウソ。ハワイと英領マレーを同時に奇襲するつもりだったが、実際には英領コタバル上陸が日本時間の12月8日午前2時15分おこなわれたのに対し、ハワイ攻撃は1時間以上あとになった(日本の航空隊が真珠湾上空に達したのが午前3時間19分ごろとされる)。「真珠湾攻撃で戦争が始まった」という日本人(「大東亜戦争派」の多くもそこに含まれる)の通念も、アメリカの「洗脳」のたまものだろうか。
 なお真珠湾が「奇襲」になったのは在米日本大使館員の怠慢で開戦前に最後通牒を渡しそこなったせいだという話がよく語られるが、イギリスに対してはそもそも宣戦をしようとしていない。畏友根本敬氏によれば、これは植民地を攻めるのに宣戦もなにも関係ない」というアジアを馬鹿にした理屈だったそうだ。

4.戦争の性格:客観的にはつぎの3つが複合している。いずれも世界恐慌をきっかけとして顕在化した対立である。
(1)帝国主義国間の争い、具体的には日独など「持たざる国」の英米など「持てる国」への挑戦→ここからは「どっちもどっち」論も導き出せる。
(2)全体主義と民主主義の戦い→この面では日本は不正義の戦争をしたことになる。
(3)帝国主義とアジアの民族独立運動の戦い←日本も米英などもこの面をみようとしない。しかし日本がアメリカにあのような惨敗を喫したのは、「アジア諸民族を味方につけられなかった」せいである。
※このほか、「アジア解放の戦争」という日本の主張についても論評する→個々に「貢献」した局面はいろいろあったが、アジアに与えた被害はあまりにも大きいし(何でも日本式の押しつけをした点も)、負けそうになるまで蘭印を「帝国領土」とする方針を変えないなど、そもそも「アジア解放」とは言えない部分が基本にある。

5.戦争の終結:45年8月15日に終わったというのは単なる日本国内向けの話。ポツダム宣言受諾を連合国に伝えた日は8月14日だし、降伏文書に調印したのは9月2日。また近代戦争は戦闘が停止しただけでなく戦後処理が終わってはじめて「終戦」であるという観点からは、サンフランシスコ条約が締結された51年も見なければならない(北朝鮮とはまだ終わっていない)。

6.自力で独立できない無力な東南アジア諸国は、日本が白人を追い払ってやったおかげで独立できたのだ?→こういうのも東南アジア蔑視のあらわれである。戦争末期の自由タイやパサパラからベトミンやフクバラハップまでの動き、日本降伏直後のタイの対英米宣戦布告無効宣言、インドネシアやベトナムのそれぞれのやり方での独立宣言などは、東南アジアの独立運動がしたたかに力をつけていた証拠である。

これらを中心に、科学力や国力全体の日米比較、戦争の経過と沖縄の運命なども話すのが、「市民のための世界史」(高校で世界史を十分学ばなかった学生向け)や「アジア史学基礎C」(東南アジア通史)などの授業での私のパターンである。従来「コミンテルンの陰謀論」はほとんど無視してきたが、来年度はこれも論評したほうがいいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。