スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジア考古学会40周年記念大会シンポジウムのお知らせ

東南アジア学会(旧東南アジア史学会)とメンバーは多数重なっているが別の路線を歩んできた会である。
40周年おめでとうございます。

東南アジア考古学会主催・上智大学アジア文化研究所共催
2017年度東南アジア考古学会 40周年記念大会シンポジウム
「東南アジア・オセアニアの世界遺産と考古学」
日時 2017年12月16日(土)、17日(日)
会場 上智大学 中央図書館9階921会議室(L-921)
(助成 公益財団法人
りそなアジア・オセアニア財団)

*学会員以外のかたの参加も歓迎します。資料代として500円を頂戴します。
*土曜日、日曜日は正門からお入りください(北門は閉門しています。詳細は構内地図をご覧ください)。
*会場図書館入館の際、1階受付にて「東南アジア考古学会大会」へご参加の旨をお知らせください。
*土曜日は学内食堂が営業しております。日曜日は昼食をご持参いただくか、四ツ谷駅周辺のレストランをご利用ください。両日とも構内コンビニエンスストアは営業しています。

【プログラム】
12月16日(土)
10:40 開場・受付開始
午前11:00~12:00 <会員総会> 会員のみが対象です。
12:00 ~
13:00 昼食・休憩
午後 <大会>
東南アジア考古学会40周年記念大会
シンポジウム「東南アジア・オセアニアの世界遺産と考古学」
(公益財団法人 りそなアジア・オセアニア財団助成)
13:00 ~ 13:05 開会挨拶 田中 和彦(東南アジア考古学会会長)
13:05 ~ 14:05 記念講演 新田 栄治(鹿児島大学名誉教授)
「日本における東南アジア考古学研究と東南アジア考古学会の創設」(日本語での講演、英語資料あり)
14:05 ~ 14:20 休憩
14:20 ~ 15:20 基調講演 坂井 隆 (国立台湾大学)
「東南アジアの世界文化遺産と問題点」(英語での講演、日本語資料あり)
15:35 ~
16:35 発表 八重樫 忠郎(岩手県平泉町まちづくり推進課長)
「平泉からみた世界遺産」(日本語での発表、英語逐次通訳あり)
17:00 ~ 19:00 懇親会(立食・会費3,000円/当日申込も可)

12月17日(日)
9:40 開場・受付開始
午前
10:00 ~ 11:00 発表 グエン・ザン・ハイ(ベトナム考古学院長)
「ベトナム石器時代の考古学新発見」(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

11:00 ~ 12:00 発表 リー・バンナ(カンボジア王国アプサラ機構遺跡・考古局長)
「考古学に依拠した世界遺産アンコール」(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

12:00 ~ 13:00  昼食・休憩

午後
13:00 ~
14:00 発表 ムフタル・サイディン(マレーシア科学大学)
「レンゴン・ヴァレーとブジャン・ヴァレー -ユネスコ世界遺産(考古遺跡)と暫定遺産-」
(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

14:00 ~ 15:00 発表 エンジェル・バウティスタ(フィリピン国立博物館)
「フィリピンにおける考古学遺跡の文化資源管理」(英語での発表、日本語逐次通訳あり)

15:00 ~ 15:15 休憩

15:15 ~ 16:15 発表 片岡 修(関西外国語大学国際文化研究所)
「ミクロネシアの世界遺産の考古学 -ミクロネシア連邦ナンマトル遺跡を中心に-」
(日本語による発表、英語逐次通訳あり)

16:15 ~ 17:10 ディスカッション

17:10 ~
17:15 閉会挨拶 山形 眞理子(東南アジア考古学会副会長)

詳細は東南アジア考古学会HP http://www.jssaa.jp/
以上
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。