FC2ブログ

比較家族史学会ミニ・シンポジウム

*比較家族史学会研究大会*

*ミニ・シンポジウム「高齢者介護が結ぶ日本と東南アジア諸国」*



【日時】2017年11月18日(土)13:00~16:40



【会場】神戸市外国語大学 第二学舎506教室

神戸市西区学園東町9-1

アクセス:http://www.kobe-cufs.ac.jp/access.html

キャンパス・マップ:http://www.kobe-cufs.ac.jp/campus_map.html



【参加費】1000円



【申込み】事前参加申込み不要




【プログラム】

13:00~13:10 小池誠(桃山学院大学)趣旨説明

13:10~13:40 高畑幸(静岡県立大学)

「日本におけるフィリピン人介護者――結婚移民を中心に」

13:40~14:10 加藤敦典(京都産業大学)

「ベトナムからのケア労働者の『輸出』を支える女性たちの選択」

14:10~14:40 合地幸子(東京外国語大学)

「インドネシアの高齢者ケアを担う移住労働経験者」

14:40~15:10 小池誠(桃山学院大学)

「台湾の高齢者介護を支えるインドネシア人移住労働者」

15:10~15:20 休憩

15:20~15:30 青木恵理子(龍谷大学)コメント①

15:30~15:40 大和礼子(関西大学) コメント②

15:40~16:50 総合討論




*【ミニ・シンポジウム趣旨】*

日本の高齢化が急速に進む中で、介護分野における人材不足は深刻な問題となっている。これはもはや日本国内だけでは解決できない問題であり、2008
年度から経済連携協定(EPA
)の枠組みでインドネシア、続いてフィリピンとベトナムから看護師・介護福祉士候補者の受入れが始まった。また、日本人男性と結婚したフィリピン女性が介護の分野で働くケースも増えている。さらに政府は今年
9月から「介護」という在留資格を創設し、専門学校などで介護福祉士資格を取得したものが日本で働くことができるようになった。さらに、この11
月からは技能実習制度に「介護職」が加わる。このように、日本の高齢者介護をめぐる状況は今まさに大きく変化している。また、高齢者介護を外国人労働者に依存せざるをえないという問題は、日本に先行して台湾・香港など東アジア諸国ではすでに顕著になっている。

本シンポジウムでは、このような問題を日本だけの高齢者福祉の問題として捉えるのではなく、介護労働者を送り出し、または受け入れる、それぞれの国の高齢化と介護、つまり家族の問題として考えていきたい。それぞれフィリピン・ベトナム・インドネシア・台湾でフィールドワークを進めてきた報告者が、各自の研究地域における高齢者とそのケアの問題と、介護労働者として国外に出て行く女性たちの問題を組み合わせて
論じたい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR