スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡歴史教育研究会のご案内

戦争とナショナリズムは、私の「歴史の公式100選」(近日公表予定)でも、重要な位置を占めている。ちなみに報告者の山田さんはいうまでもない大家だが、江田憲次さんはなつかしい同級生である。

第13回静岡歴史教育研究会のお知らせ

 歴史教育と近現代史―戦争とナショナリズムの学び方・教え方―

 報告者  山田 朗  (明治大学文学部)
       「第二次世界大戦の捉え方―日本の戦争をわかりやすく教えるために―」

      江田 憲治 (京都大学人間・環境学研究科)
       「「抵抗」のナショナリズムと「大国」のナショナリズム」

 コメント 高校教員の経験者から

 司 会  岩井 淳・戸部 健 (静岡大学人文社会科学部)

 日 時  2017年8月10日(木)14:00~18:00

 会 場  静岡大学人文A棟6F大会議室 http://www.shizuoka.ac.jp/access/map_shizuoka.html

 入 場 無 料

 《企画者より》

 今回の研究会は、「歴史教育と近現代史」という共通テーマを掲げ、授業の現場で教えるのが難しいと言われる「戦争とナショナリズム」を取り上げます。戦争は前近代からありましたが、国益を強く反映し、総力戦の形をとるのは近現代のことでした。ナショナリズムは、もちろん解放思想として機能することはありますが、同時に多くの人々を戦争に駆り立てる原動力になりました。2022年度から高校地歴の必修科目として導入される「歴史総合」は、近現代史中心の科目です。日本史と世界史の統合を目指すこの科目では、戦争やナショナリズムの扱い方が大きな課題になります。

 報告者のお一人、山田朗先生は、日本近現代の軍事史や政治史について幅広く研究されていますが、今回は、戦争体験者が圧倒的少数派となった
現在、戦争非体験者(研究者・教育者)が次の世代に、日本の戦争をわかりやすく教えるための留意点を確認し、第二次世界大戦における日本の軍
事的位置についての見方・枠組みを示していただきます。

 江田憲治先生は、中国近現代史の専門家ですが、今回はアヘン戦争後の「ナショナリズム」の実態(あるいは矛盾の諸相)を、東京で生まれた革命団体・中国同盟会に即して、検討していただきます。

 お二人から、一国史に偏らず、世界史的な視野をもって「戦争とナショナリズム」を捉える契機となる報告をしていただき、参加者の皆さんとともに「戦争とナショナリズムの学び方・教え方」を考えることができれば幸いです。みなさん、ふるってご参加ください。

 主催:静岡大学人文社会科学部学部長裁量経費「歴史教育の地域的基盤形成を促進する教材・教授方法の探究と高大連携の継続」、静岡歴史教育研究会

 問合せ先:岩井 淳(静岡大学人文社会科学部)yqs02036(a)nifty.com
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。