スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東南アジア古代史科研第6回研究会のお知らせ

東南アジア学会会員のみなさま

開催間近の案内となってしまいましたが、今週末に以下の日程で、東南アジア古
代史科研第6回研究会(一部一般公開)を行います。

とくに第1部は、7月4日(火)~8月27日(日)に東京国立博物館で日タイ修好
130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」が開催されるので、その予習とし
ても最適です。事前予約は不要です。多くの方のご参加をお待ちしております。

お問い合わせは下記、青山のメールアドレスにご連絡ください。

------------------------------------------------------------------------

東南アジア古代史科研 第6回研究会

日時:2017年6月24日(土)13時~16時40分
場所:東京外国語大学 本郷サテライト5階セミナー室
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
連絡先:青山亨(東京外国語大学 taoyama(a)tufs.ac.jp)

第1部 研究報告
13:00~14:00
原田あゆみ(九州国立博物館)
「タイの彫刻 制作技法と設置方法について」
日タイ修好130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」を準備するにあたり、
作品調査や展示をする中で知り得た彫刻の制作技法や設置方法に関する情報を報
告する。ドヴァーラヴァティーの彫刻に残る枘穴と漆喰跡、ラーンナーの仏像か
ら見つかった舎利などについて紹介する。あわせて後世に改変された作例につい
て考察したい。

第2部 論集概要報告
14:10~16:40
仏教美術論集に投稿予定の原稿の概要を報告していただきます。各15分以内。順
番は暫定的なもので変更の可能性があります。
1. 佐藤桂/石川和雅
2. 松浦史明
3. 宮崎晶子
4. 下田一太
5. 小野邦彦
(15分休憩)
6. 山崎美保
7. 寺井淳一
8. 久保真紀子
9. 原田あゆみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。