白山人類学研究会のご案内

お世話になっております。 白山人類学研究会の定例研究会の開催日が近づいてきましたので、 リマインドメールをお送りします。

研究会への事前参加登録は不要 です。皆様のご参加を歓迎いたします。
※重複受信されている方は申し訳ありません。

日時:2017年6月19日(月)18:15~
場所:東洋大学白山キャンパス8号館3階 8305教室
http://www.toyo.ac.jp/site/ access/access-hakusan.html

*研究会終了後、懇親会をおこないます。

◇発表題目
シンガポールのヘリテージ・ツーリズムとエスニック・ アイデンティティ――プラナカン文化の表象と消費をめぐって

◇発表者
平島(奥村)みささん (東洋大学社会学部教授)

◇要旨
 シンガポールでは近年、文化遺産政策と並行してヘリテージ・ ツーリズムが発展している。 本報告ではその中でもプラナカン文化について取り上げる。 プラナカン文化は19世紀から20世紀初頭に頂点を極め、 第二次大戦後急速に衰退したが、再び脚光を浴びている。 プラナカン文化復興・継承活動が盛んになる一方、 コマーシャリズムの波に消費され、 文化的正統性を損なう懸念も出てきた。また、このような「 第4の文化」が内外に認知されることで、 シンガポール多民族社会の在り方にも変化が生じている。 本報告を通して、ポスト・リー・ クアンユー時代に入ったシンガポールの新しい文化状況についても 分析を試みたい。

--
++++白山人類学研究会+++++

112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部松本誠一研究室内
白山人類学研究会
2017年度幹事: 箕曲在弘
hakusanjinrui(a)gmail.com
+++++++++++++++++++++++
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR