スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西本監督

西本幸雄さんが亡くなった。
スポーツ紙は各紙とも1面で報じていた。いちばん詳しいスポニチは、どのコンビニでも売り切れていて買えなかった。
「関西のパリーグ」の歴史を語る際に、鶴岡(山本)一人さんと並んで大事な監督だったことには、だれも異論がないだろう。

西本さんといえば「情熱」と選手の「育成」。ゴールデンイーグルスの創立時にこういう監督がいたら、もっと強くなっていただろう。
そして短期決戦に勝てない「悲運」。
あんなに強力なチームを作れる監督が、どうしてこんなに短期決戦には弱いのか、不思議でならなかった。
「江夏の21球」以外にも、「永田雅一とのケンカ」「土井正三の疑惑のホームイン」「山田久志が王に打たれた逆転サヨナラスリーラン」「最後の日本シリーズの最終戦で、救援投手を馬鹿にしていたS投手が、リードしたとたんに「オレが行く」と救援のマウンドに上がり、ボコボコに打たれて再逆転された事件」などなど、たくさんの悲運があった。

しかし、山田久志、加藤秀司、福本豊と後に名球会入りする選手が3人一度に入団するなど、幸運にもめぐりあっていたのだろう。ダリル・スペンサーや長池徳二も、忘れられない名選手だった。監督就任以前からの選手では、梶本隆夫に米田哲也、足立光宏に石井茂雄というあの豪華投手陣。「西本以後」に花開いた選手では今井勇太郎や高井保弘。75年からのV3に貢献する名手大橋穣や種茂雅之を東映からトレードで獲得したのも西本さんだった。

西本さんの弟子からすぐれた監督が出ていないのを、西本さんの限界とする論評を以前に見たことがある。たしかに山田や鈴木啓示は監督で成功しなかった。長池は監督になれなかった。そこそこの監督は梨田昌崇ぐらいだろうか(これから大石大二郎が監督に返り咲くことはあるか?)。ただし西本監督の下のコーチからは、上田利治と仰木彬が出ていることを忘れてはいけない。

喫茶店で見たスポニチに西本さんの年表が出ていたが、学生たちに現代史の重要人物として学ばせたい。
西本さん、どうぞ安らかに。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。