阪大歴教研の1月例会

これを忘れるところだった。「絶対主義」や「南インド」のイメージが変わること請け合い。

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
大阪大学歴史教育研究会第102回例会につきまして、以下の通りご案内申し上げます。

日時:2017年1月21日(土)13:30~17:30

会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室

プログラム:
【1】古谷大輔(大阪大学大学院言語文化研究科准教授)
「世界史における「礫岩のような政体」論の視座〜中世史と近代史のミッシングリンクを求めて」
【報告要旨】
近世ヨーロッパの政治秩序は、主権が行使される一定の領域を前提に集約的な国家経営の実現を論ずる近代国家論の前史として語られてきました。これに対し、中世以来のヨーロッパの政治社会が育んだ規範を前提に、多様な来歴をもった複数の地方政体を「礫」に準えつつ、その時々の情況に応じた戦略によって、普遍君主の下に「礫岩」のように連なった政治秩序を論ずる議論が「礫岩のような政体」論です。近代主義的な国家観を前倒しせず、「王と政治共同体の支配」といった多元的な権利意識の存在を前提とした場合、中世の封建的な政治秩序と国民国家のような近代の政治秩序はどう結びつけられるでしょうか。また近世ヨーロッパの政治秩序に見られた「礫岩」性を踏まえた場合、ヨーロッパとアジアの関係史はどう刷新される可能性があるでしょうか。この報告では国内外の研究者と共に進められている研究成果を紹介しながら、世界史における「礫岩のような政体」論の位置づけを皆さんと共に考えたいと思います。

【2】三田昌彦(名古屋大学文学研究科助教)
「近年の南アジア前近代史研究と高校世界史教科書」
【報告要旨】
南アジア前近代史に関する近年の世界史教科書の記述は、今世紀に入って大きく変わってきている。現在のほぼすべての教科書で見られるドラヴィダ文化=南インド史の独自性の重視(南アジア(「インド」)の一体性への疑問)、インド洋交易史の充実などはその典型である。しかし、なお教科書記述には盛り込まれていない近年の南アジア前近代史研究の成果も数多い。それらの動向を紹介し、それによって将来的にあるべき「世界史の中の南アジア史叙述」を考えるきっかけにしたい。紹介予定の新動向としては、①南アジアとアフロ=ユーラシア世界との関係、②前近代南アジア世界の曖昧な宗教アイデンティティとイスラーム国家、③多言語・多文化世界の帝国システム(言語文化・文学史研究の成果)。また南アジア史叙述を考える際の根本問題として、現行の帝国中心の世界史教科書では叙述困難な南アジア史の特質(地域国家・地域文化の歴史)についても考えてみたい。

それでは研究会にて皆様とお会いできますことを楽しみにしております。

-------------------------------------------------------------
大阪大学歴史教育研究会事務局 高木純一
E-mail: rekikyoken(a)gmail.com
HP: https://sites.google.com/site/ourekikyo/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR