ホークス日本一

先週末から英語の本(共編なのだが、いままで編者の役をサボっていたツケが回ってきた)の編集作業にかかりきりでTVもまったく見られず、終了から2日もたってしまったが、ホークス日本一で今年も交流戦・CSとパリーグ大勝利。1・2戦に連続して延長で負けたときは、ホークスは永遠に短期決戦に勝てないんじゃないかと思ったが、そこから盛り返すのだから大したものだ。

ブログを更新する暇もない間に、歴史学と歴史教育について非難のコメントがつぎつぎ来ている。
書いているのは、大学に職を得られないで苦労している方かな?

しかし
-相手の言葉をその文脈から恣意的に切り離し、自分の都合のいい文脈に置きかえて非難する。
-相手が言ってもいないことを、言ったとして非難する。
-相手は言っているのだが自分が気づかない事柄を、言っていないとして非難する。
-他の立場の人間ができないようなことを相手だけの義務だとして、それができないことを非難する。
などのやり口は、ほめられたものではない。

いちど、こういう自分の議論に自分で反論してみませんか?
それから非難すると、もっと説得力が出るでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR