在大阪ベトナム学生青年協会から支援の訴え

許可をえて転載します。
記事原文は http://nhatvietosaka.jp/log/lanshien2011.html にあります。

在大阪ベトナム学生青年協会から支援のお願いが来ました。
同会会員のランさん(留学生で博士課程2年)が、この秋、赤ちゃんが生まれた機会にベトナムからお母さんを呼び寄せたところ、脳内出血で倒れ、2度の手術をへて生命の危機はとりあえず脱したものの、発病から1ヶ月以上経過した現在も重体で入院中で、完治は難しいだろうということです。
 不運にもお母さんは旅行保険に入っていなかったため、大阪での医療費を全額負担せねばならず、ランさんとご家族はとても困っています。ご支援をお願いします。

日本ベトナム友好協会大阪府連合会は支援を呼びかけます。
 下記にランさんからの手紙を掲載します。ご本人からは支援を依頼する言葉や、いくらかかったかという言葉はありませんが、苦しい気持ちがにじみ出ています。大阪府連は支援を呼びかけます。会員の皆さん、HP読者の皆さんが募金を寄せていただけますように心からお願いいたします。 

募金の振込先
 郵便振替 00900-7-28286
 名義    日本ベトナム友好協会大阪府連合会
 「ランさん支援募金」と明記してください。
  振り込まれた支援金は、当会が責任を持って届けます。

 状況の説明
 市場経済化して日が浅いベトナムでは、個人で保険をかけるという習慣がまだ根付いていません。また日本の物価水準に見合った保証を受けられる保険をかけようと思ったら、ベトナム人の収入から見れば目の玉が飛び出るような掛け金が必要なのです。

*友好協会HPでは、このあとにご本人からベトナム人の友人たちに宛てた手紙が掲載されています。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR