「南伝上座仏教と現代」ワークショップ

こちらは愛知大学からの案内

愛知大学人文社会学研究所は,以下の要領で,「南伝上座仏教と現代」に関するワークショップを開催致します。公開で行われ,事前登録等は必要ありません。皆様のご参加をお願いしたく,ご案内致します。

               記

【趣旨】 南伝上座仏教の教義を日本の仏教との比較によって明らかにし,この実践形態を,タイとミャンマーにおける実例にそって検討し,宗教のトランスナショナル性について,その限界と可能性を考える。

【日時】 2016年10月15日(土)13:30 ~ 17:00
【場所】 愛知大学豊橋キャンパス 研究館1階 第1・2会議室
【プログラム】
13:30「問題提起」  伊東 利勝(愛知大学人文社会学研究所)
13:45「南伝上座仏教と日本の仏教」 藤本 晃(浄土真宗誓教寺)
14:30「タイ仏教徒社会の宗教実践~動態の諸相~」 林 行夫(京都大学・教授)
15:15 休憩
15:30「ミャンマーにおける「パラウン仏教」の創出とその実態について」 小島 敬裕(津田塾大学)
16:15 総合討論

以上,報告要旨等,詳しくは,http://taweb.aichi-u.ac.jp/irhsa/index.html をご覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR