スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中輝美『ローカル鉄道という希望』

忙しくてちっとも記事をアップしなかったら、ログインするときに怪しまれて手間取ってしまったw
ご無沙汰している間にパリーグ首位争いが盛り上がったのはいいが、そこにいてほしかったわがマリーンズはいつもの通り勝負弱くて。。。

ところで大学の生協書籍部で、本業の歴史の本を買って伝票を書いてもらっている間に見つけた下の本を思わず購入。著者は阪大出身で、出身地のローカル新聞社に勤務したのち独立して、「ローカルジャーナリスト」として活動しているそうだ。「自分は鉄道専門家ではない」と最初に断っているので、もともとはまったく縁のない人かと思ったら、「おわりに」でしっかり、JR全線を20年かけて完乗したことを明かしている。
イメージ (13)

内容はしかし、通常の鉄オタのように「鉄道はあって当然」と無前提に考えるのではなく、逆に「ローカル鉄道=過去の遺物」と見下すでもなく、乗客増に成功した12の会社を取り上げて、アツい経営者・社員とそのアイディアや情熱を中心に、地域住民や自治体・国の立場までバランスよくまとめている。取り上げたパターンも、集客ターゲットを地域住民と観光客のどちらにするか、利用者へのサービスと収入増加のどちらから入るかなど、バランスが取れている。地域住民を巻き込む(他人事の反対語で「自分ごと」という言葉が多用される)、鉄道会社だけでなく地域が儲かるようにする、などの点は全体に共通する。「インフラまで全部保有しその維持更新もしながら黒字を出せ」という他の先進国ではとっくに時代遅れになった無理難題から制度面でローカル鉄道を救う第一歩となった「上下分離」方式の効用、災害復旧の大変さなどの問題にも目配りがされている。

歴史教育とおんなじだと痛感させられるのが、
・インフラの維持更新まで含めて黒字経営を続けなければ廃止、という高度成長期までの刷り込みが抜けない人が多いこと
・最初は、鉄道が組むべき地域の優良レストランやすぐれた物産などのことを知らず、「どうせこの田舎には売りになる品物などない」と決めつけていたこと。
・ある社のすぐれた取り組みを他地域のローカル鉄道が共有する仕組みが弱いこと(ひたちなか海浜鉄道でそのために、サマースクール「ローカル鉄道・地域づくり大学」を毎年開催しているそうだ)。

こういうところを変える取り組みはすなわち、日本を変える取り組みだということだろう。
編集に一部ずさんなところがあるのが惜しまれる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。