スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いったい日本のマスコミって何?

今日はツイッター(リンクはこの画面右端の下の方)にいろんなことを書いたので、よろしければご覧ください。
ひとつだけコピペしておくと、

今日の毎日夕刊(大阪本社版)の「ネットで大論争 「音楽に政治持ち込むな」???」の隣の記事「それでも、1票の重さを」が青年の「選挙に行くのは義務でなく自由」、「投票すると、ポイントがもらえるとか税金の減免などいいことがあるのか」などの感覚を紹介していた。
そうだ、人生経験の乏しい若者には「得をする(プラスになる)行動」の意味はわかっても、「保険をかけるようにマイナスを防ぐ行動」はピンとこないのだった。選挙に行かないと、他人が勝手なことを決めて自分が不利になったとき、文句を言えないんだと、わからせねばならない。

それにしても、これだけ改憲の可能性が広がっているのに、参院選の記事が連日トップニュースにならない日本のマスコミって、いったい何なのだろう。「今週の予定」から参院選投票日を外す国営放送のニュースに至っては。。。
真剣な9条改憲派こそ怒るべきでは?

イスラエルでイスラーム過激派への「宣戦布告」をした首相が、テロで7人の国民が死んでも責任を問われない国、自分が立法府の長だと2回言った首相が首にならない国って、いったい何なのだろう。
本当に国を守りたい保守派こそ怒るべきでは?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。