福岡アジア文化賞事務局からのお知らせ

このたび,福岡アジア文化賞委員会では,国際交流基金と共催し,2003年の福岡アジア文化賞学術研究賞受賞者であるレイナルド・C・イレート氏(フィリピン/歴史学者)を招き,東京と福岡で,講演会を開催いたします。ご関心のある方のご来場をお待ち申し上げます。(事前申込制,入場無料)

 

 

1  講演名:「フィリピン史の中の日本の立ち位置を再考する」(日英同時通訳)

   日 時:7月20日(水)19:00~21:00

   場 所:国際交流基金本部2F(東京都新宿区四谷4丁目)

      対談者:寺田 勇文氏(上智大学総合グローバル学部教授)

       中野 聡氏(一橋大学大学院社会学研究科教授・研究科長)

   ※詳細は以下からご覧ください

      http://jfac.jp/culture/events/reynaldo-c-ileto-160720/

 

2  講演名:「アジアの中のフィリピン:地域紛争と歴史」(日英逐次通訳)

   日 時:7月22日(金)14:50~16:20(14:30開場)

   場 所:九州大学箱崎キャンパス経済学部209教室(福岡市東区箱崎6丁目)

   対 象:大学生・大学院生・研究者・教職員 ※先着順,定員80名

 

   講演では,フィリピンと日本の両国にとって憂うべき事態となっている南シナ

海問題を取り上げ,この領有問題の歴史的背景と現在の問題点について論じられる予定です。

   参加希望の方は,件名を「九大講演会申込み」とし,①大学,②学部(学府),③学年または役職,④氏名を記載の上,719日(火)までに,下記のアドレスへ送信してください。

   regist-k(a)congre.co.jp (講演会受付事務局:株式会社コングレ

九州支社)

 

    

※申込み受付に対する返信は行っておりません。既に定員に達してお申込みをお断りする場合にのみ,ご連絡いたします。

 

3  講演名:「20世紀のフィリピン:帝国の子,友,敵」(日英同時通訳)

   日 時:7月23日(土)13:30~15:30

   場 所:エルガーラホール7階(福岡市中央区天神1丁目)

   対談者:清水 展氏(京都大学東南アジア研究所教授)

   ※詳細は以下からご覧ください。

      http://fukuoka-prize.org/news/release/002826.php   (日本語)

      http://fukuoka-prize.org/en/news/release/002833.php (英語)

 

  お申し込みは,それぞれの申込先へ直接お願いいたします。

 

また,会員以外の方でも,ご関心のありそうな大学生・大学院生がいらっしゃいましたら,メールを転送していただけますと幸甚です。

 

 

福岡アジア文化賞委員会事務局(福岡市総務企画局国際部内)

事務局長 丸尾 秀明

(担当:茅野,大長)

Emailacprize(a)gol.com

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR