バファローズの大崩壊

私の現在のひいきチームはマリーンズだが、西本監督時代からイチローの時代まで阪急・近鉄やオリックスを熱烈応援していた縁で、オリックス・バファローズの成績も気にはなる。関西唯一のパ・リーグのチームという点でも、盛り上がってもらわねばならない。

「オリ姫」と呼ばれる女性ファンの増加など興行面では成果があるのだが、一昨年を除けば、オリックス・近鉄合併後のバファローズの成績はひどすぎる。パが圧勝した交流戦でも、バファローズは見ていられなかった。
今年も打線の不振、リリーフ陣の崩壊、故障者続出など、ほとんど「黒い霧」で主力を失った時期の西鉄ライオンズや東映フライヤーズを思わせる悲惨さだ。違う言い方をすると、1990年代の弱い時のタイガースが乗り移ったような。。。

なにが悪いのだろう。球団の背広組が相当無能だと思われるが、故障者がこんなに多いのは球場のフィールドが悪いのかコンディショニングがなってないのか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR