日当たりのよい研究室

大阪外大時代の私の研究室は中庭に面した6階の南向きの部屋。万博公園の花火大会を眺めるにはよかったが、夏は暑くて大変だった(当時、教員の個人研究室にエアコンなどなかった)。

現在の研究室は3階だが、西日が良く当たる。窓と扉を開け放つと風は通るので、まだエアコンは我慢しているのだが、それでも今日は30度。もうすぐ私は「ビール無しでは過ごせない体」になる。
こういうキャンパスに、ビールを飲めるファカルティハウスもなくて、なにが世界トップいくつだ、と毎年思う。ちなみに「白い巨塔」吹田キャンパスには飲める場所がちゃんとある。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR