スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新疆のヨーロッパ人?

新疆ウイグル自治区のどこやらで「ヨーロッパ系」の住民集団(ウイグル人と別の民族アイデンティティを持つらしい)をみつけたというNHKの番組があったとか。あの辺の遺跡で見つかる紀元前のミイラも、日本のマスコミでは「ヨーロッパ系」と表現されることがよくある。要するにモンゴロイドでなくコーカソイドだということだろうが、コーカソイドはペルシア人もインドのアーリア人もみんなそうなのに、何の証拠があってわざわざ「ヨーロッパ系」とするのだろう。そう表現する人の脳がヨーロッパ崇拝に侵されているという以外の答えを、私は思いつかない。

ちなみにNHKの番組は、この人々が「ウイグル語を話している」と説明したらしいが(とすれば言葉がヨーロッパ系ということではない)、世界史をまともに勉強していれば、あのへんはもともとソグド人など「白い肌に碧眼」の「胡人」の世界だったことは常識のはずだ。いっぽう唐代のウイグル帝国の支配者はトルコ系(人種はモンゴロイド)だが、その中心はモンゴル高原にあり、今の新疆のウイグル人と強い連続性はない。むしろDNAはソグドなどの流れをくみ、文化や言語はトルコ(ウイグル)化した人々がたくさんいるはずだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。