スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新しく学ぶ西洋の歴史--アジアから考える』

ミネルヴァ書房の新刊。南塚信吾・秋田茂・高澤紀恵(責任編集)。
  img549down.jpg

「はじめに」の一部に以下のように書かれている。

 考えてみると、私たちは、明治以来長らく、日本が習うべき対象として西洋の歴史を学んできました。そして、しだいに、西洋の歴史を他の歴史から自立して、それ自身が内的に発展するものとして把握するようになってきていました。そこに、いわば独立した「西洋史」というものが成立してきました。しかし、もはや西洋の歴史は私たちの「モデル」ではなくなりました。その結果、「西洋史」は、私たちに身近な関係を持たない知的成果という存在になりつつあります。極端にいえば、それは西洋史を研究する者の自己満足、西洋史を学ばなければならない学生の「教科書」という存在になってきています。私たちはこれでいいのだろうかと考えました。
 私たちは、日本に住む私たちがなぜ西洋の歴史を勉強するのかと改めて考えました。もちろん、歴史家の場合は、日本に住む者として、独自の立場から西洋の歴史を描き、それによって、日本を含む世界の歴史を豊かにすることが大切なのだと言うことができます。しかし歴史を読む学生や社会人にとっては、それはかなり遠い世界のことなのです。そこで、私たちは、西洋の歴史を常に日本との「関係」において把握してはどうかと考えました。。。
 そのために本書の構成はいくらか独特なものになっています。まず、各章は「同時代」的になっていて、西洋の歴史を縦に時系列的に記述するという構成をとっていません。したがって、中世・近世・近代・現代といった時代区分も設けていません。また、西洋内部での「周辺」を重視するとともに、西洋の歴史を、日本やアジアだけでなく、「非ヨーロッパ」との相互関係でとらえるという視角を導入し、そこから西洋という枠組み自体をも見直す可能性を込めています。
 各章は、以下の要素から構成されるようにしました。「序論」では、日本・アジアから見た当該期の世界史全体を展望します。次に「総論」では、当該期の西洋の歴史を概観します。そして「本論」の中の各節で、できる限り日本・アジアとの関係を念頭に置きながら、当該期の西洋の各地域・各国の歴史を述べます。加えて、各章末に置いた「コラム」では、特に日本・アジアとの関係を念頭に置いた事項を検討します。このような主旨と構成を特徴とする本書には、執筆者としていわゆる西洋史の専門家だけでなく、日本史や東洋史の専門家とされる方々にも加わっていただきました。

すごいすごい。これは画期的だ。
しかし、これはアジア史側が刃を突きつけられたという見方も出来る。
東洋史の側にこれとシンメトリカルなアジア史を出す力はあるだろうか?



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。