あまのじゃくの独り言

私が嫌いなものというか、受け付けない考え方。
多くの要素からなる何か大きなものの全体を論じる際に、他にどんな要素があるかも全体がどんな構造であるかもを見ようとせずに(つまりどうやれば本当に全体が論じられるかを考えずに)、とにかくその内部でいちばん人気がある(有名な)一つか二つの要素だけで全体を語り、その他は無視して当然という考え方。たとえば「日本料理といえばスシ、テンプラ」「ベトナム料理といえば生春巻き」とかいうのもそのクチである。

こういうのを見たとき、私は考えるまでもなく反射的にその反対を主張する。逆らう。噛みつく。
だから「ここは日本だから歴史と言えば日本史に決まっている」という考えにも「世界史といえばヨーロッパ史だ」という考えにも断固反対するし、「ヨーロッパ中心史観に反対する方法」を論じる際には、中国中心史観、中央ユーラシア中心史観、イスラーム中心史観のどれに対しても考える以前に反対する。
だから巨人人気やセリーグ人気が落ちたらプロ野球の危機だなどという言説はもちろん、アンチ巨人なら阪神だという言説にも絶対にくみしない。
だから野党を応援する場合でも、ただ野党第一党を応援すればいいという発想には、どうにも我慢がならない。
こういう私の前を東南アジアを無視して「アジアは」「世界は」などと語ろうものなら、明白な差別行為として噛みつかれることになる。

さて、これで歴史学と歴史教育、プロ野球に政治など、私の日頃の主張の背景がかなりわかっていただけただろう。
面倒な性格で周りの人も厄介な思いをしてるだろうとは思うが、こればっかりはやめられない。死ななきゃ治らないだろうな。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR