音文化へのいざないータイ民族の音世界から手作り楽器の世界へ

いろんなイベントがあるものだ。さて、それぞれが意義深いこういう無数の取り組みが、全体として日本社会での東南アジアや世界に対する理解を変える力をもつにはどうしたらいいのだろう。

京都文教大学科学研究費助成事業アウトリーチ活動の一環として以下のような「コンポジウム」(コンサート+シンポジウム)を行います。直近に連絡となりまして申し訳ありませんが、ご関心のある方にご参加いただければ幸いです。

1月31日(日)
音文化へのいざないータイ民族の音世界から手作り楽器の世界へ
安楽寺フリースペース椛(もみじ)
(京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21)
15時00分~17時00分
(要拝観料500円)
シンポジスト:
馬場雄司(京都文教大学総合社会学部教授)
伊藤悟(京都文教大学日本学術振興会特別研究員)
平田晶子(京都文教大学日本学術振興会特別研究員)
対談者:
長澤明子(ナータリラータイカルチャーセンター主宰)
松本公博(カテリーナ古楽器研究所所長)
演奏協力
松本照(カテリーナ古楽器研究所)
イサラー・ヤナターン(愛知大学非常勤講師)

それぞれ以下のような話題を提供します。

伊藤悟
「楽器の旋律と仕事の音によるコミュニケーション-徳宏タイ族のひょうたん笛と織機」
平田晶子
「神話にみる人間と自然との共生 ―東北タイ・ラオス、掛け合い歌の専門家モーラムの伴奏楽器ケーン(笙)」
馬場雄司「竹と稲魂のハーモニー-タイ北部ルワの竹楽器ピ」
対談者:
長澤明子「タイの古典音楽-口頭伝承ー」
松本公博「音楽における自然体験」
以上を踏まえ、自然の音、自然楽器の音に耳をすますことから自然と人間のつながりを思い起こし、音に注目することで現代社会を見なおす糸口を見出してみたいと思います。なお、シンポジスト、対談者はそれぞれ演奏活動も行っており、音文化をめぐって、楽器演奏の実演も交えての報告、「コンポジウム」という形をとります(”コンポジウム“とは、シンポジウムとコンサートを統合したものであり、深尾葉子(大阪大学)が考案した形式に、安冨歩(東京大学)が提案した造語。学術と音楽との開かれた統合を目指して命名された)。

終了後、希望者には、質問タイムやフリーなセッションの時間を設けます。

安楽寺への行き方:
京都駅から:市バス5 号系統「岩倉操車場」ゆき 「真如堂前」下車
四条河原町から:市バス203 号系統「祇園・錦林車庫」ゆき 「真如堂前」下車
「真如堂前」バス停から徒歩約10 分
哲学の道より一本山際の、通称” 隠れ道” に面しています。
法然院の南側。石段の上に見える山門が目印です。

お問い合せ:京都文教大学研究支援課メール:kyoumu2(a)po.kbu.ac.jp
電話:0774-25-2494 (※イベント当日は応対できかねます)

ちらしは、京都文教大学ホームページ
http://www.kbu.ac.jp/kbu/
からダウンロードできます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR