スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアのLGBT

京大からこういう案内が回ってきた。

インドネシアのLGBT組織の中で最も歴史があり、
活発に活動を行ってきたGAYa NUSANTARAの
カニス・スヴィアニタ(Khanis Suvianita)さんに
お越しいただき、下記の要領で発表していただきます。
ご都合がつく方はぜひ、ご参加ください。
(また、当日、午後1時半より、インドネシアでベストセラーとなった
小説"99 Cahaya di Langit Eropa"の映画を英語字幕付きで上映し、その後、
小説の作家Hanum Salsabiela RaisとRangga Almahendraとの意見交換会も
開催します。追って連絡します。)


日時:2016年2月12日午後4時〜午後6時
場所:京都大学メイン・キャンパス総合研究2号館4階
カンファレンスルーム(エレベーター横)
(地図上の34番http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/)

Title: Against Hatred: LGBTIQ Movements And Human Rights In Indonesia

Abstract:
The aim of this presentation is to provide an overview of the socio-political conditions surrounding LGBTIQs in Indonesia and how they fight to obtain their human rights locally, nationally, as well as internationally.

Traditionally, the gender and sexual diversity has been widely recognized in Indonesian culture and society by providing various local names to clasify their sexual identy and gender expressions such as such as wandu, warok, bissu.

In contemporary Indonesian society, this traditional diversity has not been fully accepted, however. The radical Islamic groups are vehemently against the existence of LGBTIQs and they have violently attacked the events organized by LGTIQ organizations. The Western ideas and thoughts have had two totally different impacts on the gender and sexuality in Indonesia.
Some of them have considered the existence of LGBTIQs as the risk against the moral while others that respect the human right for everyone with no exception have empowered the LGBTIQ movement in Indonesia.

This presentation will show how the individuals and organizations of LGBTIQ have armed themselves with the idea of universal human rights and have fought for their recognition in Indonesia. Different from the Western context, the LGBTIQ movement was spearheaded by waria (transgender (male to
female) and then amplified by gay and lesbian groups in Indonesia.
Different from other Muslim majority countries or Islamic countries, the LGBTIQ movement has been more visible in Indonesia. The presentation will also try to analyze this uniquely Indonesian context.

本セミナーは、京都大学東南アジア研究所共同利用共同研究拠点「東南アジアにおける
セクシュアリティの比較政治研究」(代表:伊賀司)の一環で行われます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。