スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の成果と来年の抱負

皆さん今年もお世話になりました。

おかげさまで昨年は、初のピッツバーグ(世界史教育)とオックスフォード(グローバルヒストリー)訪問、シンガポールでのAAWH(アジア世界史学会)参加、そして暮れにリーバーマン教授を迎えた東南アジア発のグローバルヒストリーをめざすワークショップの阪大での開催と、国際交流がたくさんできました。8~9月にディエンビエンフーなどベトナム西北地方とラオスを訪れることができたのも忘れられない思い出です(ラオスは27年ぶり)。
国内でも、阪大の歴教研や学術会議での活動に加えて、7月末に発足した高大連携歴史教育研究会で副会長兼運営委員長の大役をおおせつかるなど、歴史教育関係の仕事がますます広がりました。11月には、昨年の史学会125周年リレーシンポの報告集を本にした『教育が開く新しい歴史学』(大阪大学歴史教育研究会・史学会共編)が山川出版社から出ました。そのほか)『歴史評論』769(2015年5月号)にも、「高大連携で取り組む歴史教育の総合的改善」(桃木至朗・大阪大学歴史教育研究会共著)を載せてもらいました。そうそう、歴史教育では8月に教員免許更新講習を初めてやりました。堺市の「日本と世界が出会うまち・堺」プロジェクトが3回目ではっきり軌道に乗ったことも、阪大歴教研の成果でしょう。

しかし、私にとって今年最大のできごとは還暦を迎えてしまったことでしょう。元・現学生たちが祝ってくれましたが、本人はあんまり嬉しくないんですよね。

来年もやることは山ほどあります。
まず3月に秋田茂氏を中心とするグローバルヒストリーのワークショップ(オックスフォードほか6大学の共同プロジェクト)が大阪で開かれ、私も報告しなければなりません。古代・中世を含むアジア中心のグローバルヒストリーを打ち出そうという会議です。このほかリーバーマン教授の記念論集の編纂に取りかかること、『海域アジア史研究入門』英訳出版のプロジェクトを再開することなど、英語でやる仕事もつぎつぎ待っています。
夏には高大連携歴史教育研究会の第二回大会など、歴史教育がらみの仕事に来年も取り組まねばなりません。学習指導要領の改訂、新型入試などの方針が今夏以降に文科省から示され、その具体化の検討が始まっているので、われわれも検討や提言の取り組みを強めねばなりません。新科目「歴史総合」の成功や「世界史の生き残り」などどこを取っても、われわれの活動の正念場です。
歴史教育では、新しい史学概論(歴史学の入門書)の作成を目ざす科研(4年計画)も3年目なので、『市民のための世界史』編纂を目ざした前の科研の終盤のドタバタを繰り返さないように、しっかり計画を進めねばなりません。

大学の授業ももちろん軽減されません。教科書発行初年度でその使い方に去年は手探りした「市民のための世界史」も、今年はだいぶん安定し、高度教養教育(学部高学年および大学院生向け)の「市民のための世界史」では毎回グループ討論をさせることもできました。来年度は都合で「市民のための世界史S」をお休みさせてもらう代わりに、秋田・川合両先生と3人でやっている史学概論「歴史研究の理論と方法」や、海域アジア史の授業を充実させることに頭を使うつもりです。

そのほか比較ジェンダー史研究会の科研(5年計画の2年目)もあるのですが、近年落ちこぼれ気味のベトナム史については、「山から見たベトナム史」の科研が今年で終わるので、この秋にとりあえず申請した挑戦的萌芽研究が採択されるよう強く祈っています。中期的には阪大歴教研の代表の座を若手に引き渡すなど、少しでもベトナム史に戻れるような条件作りをしなければなりません。

最後にそれやこれやを実現する前提として、来年は日本に立憲主義を回復させねばなりません。
日本を三流の権威主義政権が支配する開発主義国家にしてはいけません。

そんなことで平和は守れないし戦争をやっても勝てません。

では来年の皆様のご健康・ご多幸をお祈りします。どういぞよいお年をお迎えください。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。