スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月戦役・名古屋の陣

「10月戦役」最終戦は、名古屋大学で東南アジア史の教育に関する合同研究会。報告は早瀬晋三さん(大阪市大)が第一次世界大戦の東南アジアへの影響について、私が学術会議の提言を受けて東南アジア史を高校で教える際のスタンダード(ガイドライン)を作る方法について、それぞれ話した。大学教員のほか、三重県の高校の先生が3人参加してくださった(愛知県の教員にも連絡したのだが、別の会とバッティングしていた)。

早瀬さんは京大人文研の第一次大戦のプロジェクトの一部として出されている概説(レクチャーシリーズ)の1冊として「マンダラ国家から国民国家へ―東南アジア史のなかの第一次世界大戦-」という本を書く予定だそうで、その中身の一部を、土台となる研究や出版の状況とあわせて紹介した。日本では第一次大戦というと「ヨーロッパだけの戦争」というイメージが強いが、そうではない、第二次大戦で争われた世界の構図をめぐる諸問題は、ほとんどが第一次大戦ですでに現れているのだそうだ。

私の方の話題は、青山亨さん(東京外大)を代表に、深見純生さん(桃山学院大)、中村薫先生(芦屋大)ほかと組んでおこなう予定のスタンダード作りに関する問題点である。今年まで続けている「高大連携東南アジア教育科研」の後継企画として、このテーマで科研の申請をちょうどしたところである。

私の報告の論点は歴史教育の仲間には「毎度おなじみ」のものなのだが、
1)高校で教えるべき事項の選定は、基礎レベル(世界史A、歴史基礎?)、中級レベル(世界史Bのセンター入試レベル)、上級レベル(進学校の授業や難関大学の二次試験レベル)のすくなくとも3層に分けてリストアップせねばならない。
2)カタカナや漢字の表記(例:ベトナムかヴェトナムか)、訳語の問題(例:マレー連合州-実際は複数形-という「ほとんど誤訳」である用語)、価値判断の含まれた呼称(例:マレーシアやブルネイの立場を無視して「ボルネオ島」でなく「カリマンタン島」とインドネシアの呼称で呼ぶこと)、「○○朝」「△△△王国」などの政体呼称の複雑さ、等々の、専門家でも意見が分かれることがらがたくさんあり、統一したガイドライン作成は簡単ではない。
3)「できあがったリスト」「それにもとづく教科書」だけ渡されても、高校の先生や入試を出題する専門違いの大学教員は、従来となにが違うかわからず、古い間違いの再生産の一方であたらしい誤解を生み出すようなことがおこりかねない。したがって、専門家によるていねいな解説やQ&Aが不可欠である(単なる「ガイドライン」でなく、ここまで含めた「スタンダード」が必要である)。
4)同じことだが、ガイドラインができたからといってすべての教科書や入試問題がそれに従うとは限らないいっぽうで、予備校や高校教員がそれに疑問をもっても妥当か否かの判定は難しいから、専門家がチェックしてしかるべくコメントを出すことが必要になる。
5)「入試や親、教委の圧力」などの前に、現場の高校教員は思っていても「内容の精選」がなかなかできない。そうした現場に「これだけでいいんです」というモデルを提供そいて支援すること、それに対する現場からのフィードバックが大事であるし、また中学・高校でかつてのように地理や歴史をまんべんなく勉強する体制に戻ることはありえないので、大学の授業での対応モデルの構築(最低限、教養教育と教員養成教育、できれば専門教育や高度教養教育も)が必要である。教養課程用の教科書(概説書とは違う、高校に応用可能なもの)の作成、教授者・学習者に親しみをもたせるための資料集やエピソード集などの編纂も有効であろう。

などである。
これらは歴史教育全般に当てはまる話だが、東南アジア史で着手する意味は大きい。

第一に、昔の「欧米と中国だけ」のような教科書と比べて世界史の教科書が複雑化し、暗記事項が際限なく増えて高校生を苦しめている中でも、東南アジア史は「もっともわけがわからない」分野である。欧米や中国の歴史はそれなりにストーリーがあり、生徒に親しみ深いエピソードなども用意されているのに対し、東南アジアは「受け身の遅れたかわいそうな地域」という固定観念以外に説得的な構図が示されない。

しかも、同様に新しく教科書に盛り込まれ構図がわかりにくいアフリカ、ラテンアメリカ、オセアニアと比べると、東南アジアは教える事項がはるかに多い(山川用語集には300を超える用語が載っている)。東南アジア史の専門家が執筆に加わっている教科書はごく一部なので、中国史やインド史の専門家に書かせて基礎的な間違いをフリーパスにしている教科書も少なくない(それらを単純に数えた「用語集頻度」にもとづく入試の出題事項や教科書記載事項の選定は、受験生に対する犯罪ではないか?)。

したがって、東南アジア史は――センター入試でも最大3問程度しか出ないから現場側が教えることを「パス」する選択肢はかなりあるのだが――上記のような解説をともなったガイドラインを作る強い責務がある。

第二に、こうした歴史学も専門分化・タコツボ化がはなはだしく、学会ごと(地域や領域ごと)のガイドライン作りといっても、西アジアのイスラーム史などは組織的に動けるだろうが、「ヨーロッパ史」「中国史」などの領域で全体を見回して有機的な取り組みを組織できるかどうかは、きわめて疑わしい。そういうところでガイドライン作りを強行すれば、他とのバランスを考えずに自分の専門領域だけについて「あれが足りない、これが足りない」と主張するというこれまでの事態(それが、教科書の事項数を際限なく増やしてきた)をますます悪化させるだけではないか。

東南アジア史も、専門研究の面ではすべての史料原語を読める人間などいないから、全域をひとりで研究することは不可能である。しかし専門家がひどく少ないのと裏腹に、全域の歴史を概説として書いたり教えた経験、概説や事典作成のために討論・協力した経験などは豊富である。これを活かし、自地域の利害だけでなく世界史全体を考えたガイドライン・スタンダードを作成すれば、そのインパクトは大きいと思われる。

ただし第三に、今回の研究会に集まった関係者は、全員50代以上である。もともと専門家が少ない東南アジア史で、若手研究者は「絶滅危惧種」に近い。他方、社会的に必要な仕事は増える一方である。大学全体の不景気に帰すことができない、人文系の怠慢(漫然と「既存のメジャー領域」の教員・学生ばかり再生産してきたこと。それも多くは「狭い範囲しか語れない」タイプの)を今や公然と問題にすべきではないか。


夕食は名大のすぐ前の中華料理屋へ。東北地方の料理とのこと。上段中央の干した豆腐の料理が逸品。
 P1050622.jpg P1050623.jpg
P1050624.jpg P1050625.jpg P1050626.jpg
P1050627.jpg
魚の丸揚げを食べると庄内の楽口福を思い出す。大連出身のおじさんはどうしているだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。