東南アジア学会中部例会第250回例会

中部は250回。

> このたび、中部例会は250回の節目を迎えることになりました。
> それを記念し、下記の要領で記念シンポジウム「中部地方と東南アジア:現在・
> 過去・未来」を開催いたします。
> なお、PDFの案内については、次のURLにてご覧いただけます。
> http://www.jsseas.org/news/public/image/sea_info/chubu-250.pdf
> 多くの方々のご来場をお待ちしております。
>
> 中部地区担当・加納
>
>                記
>
> 東南アジア学会中部例会第250回記念シンポジウム
>    「中部地方と東南アジア:現在・過去・未来」
>
> 日時:2015年11月14日(土)14:00~18:00
> 会場:愛知大学名古屋校舎(名古屋市中村区平池町4-60-6)
>      講義棟8階L808教室
>       http://www.aichi-u.ac.jp/sasashima/access.html
>       名古屋駅下車徒歩15分
>       またはあおなみ線ささしまライブ駅徒歩5分
> プログラム:
> 14:00-14:05 趣旨説明 加納寛(愛知大学)
> 14:05-14:40 戦前の中部経済界と東南アジア:伊藤祐民氏とビルマを中心に 伊
> 東利勝(愛知大学)
> 14:40-15:15 戦前から戦後初期にかけての中部と東南アジア:タイとの関係を中
> 心に 加納 寛(愛知大学)
> 15:30-16:05 中部地域から東南アジア(ベトナム)への企業進出 新美達也(佐
> 賀大学)
> 16:05-16:40 インドネシアの基幹大学実業系学部学生に対する日本語再教育を通
> じてのキャリア支援の試み:愛知県立大学・ガジャマダ大学と現地日系企業の
> 産学連携プログラム 小座野八光(愛知県立大学)
> 16:40-17:15 イネ基礎研究を利用した品種育成プロジェクト:名古屋大学から東
> 南アジア農業への貢献を目指して 黒川祐介(名古屋大学大学院)
> 17:20-18:00 総合討論
>
> 主催:東南アジア学会中部例会
> 共催:愛知大学国際問題研究所
>
> *中部地区では、原則としては第2土曜日に例会を開催します。
> (報告者の都合や会場校の都合等により、別の日程で実施することもあります。)
>  報告を希望される方は、氏名・所属・発表希望月日・報告題目・報告要旨
> (200~400字程度)・希望使用機器を記載の上、下の問合せ先までご連絡
> ください。
>
>  問合せ先:加納寛(愛知大学国際コミュニケーション学部) kano(a)aichi-u.ac.jp
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR