スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯父の来日

母の兄で、戦後アメリカに留学してそのままアメリカで就職・定住した化学者がいる。関東大震災の年(1923年)生まれでこの11月に88歳になる。たびたび学会や実家訪問(東京)のために来日しているのだが、今月来日し、昨日、岡山に行く途中の新大阪で会うことができた。

企業に勤めたあと大学教授になり、今でも週に半日は大学に行って研究しているということだが、50歳過ぎてから健康のためにスケート、スキーやなんとバレエも始めずっと続けているという人で、今回も数日前に白浜に行って、バスと歩きで1日名所巡りをしたという(ホテルは予約せずに行き、駅前で交渉して民宿に泊まったとか)実に元気な老人である。戦前の日本人は偉かったというべきか。

今回の来日に会わせて、母が手伝い自伝を自費出版したのだが、これがなかなか面白い。戦前戦後の日本社会(旧制高校まで神戸・堺で暮らし大学は東京帝大)や私の母方の親戚の昔の様子などが興味深いだけでなく、2008~09年に阪大で出した歴史教育の本を読んで刺激を受けたこともあるようで、日本やアメリカの歴史についてたくさん書いている。最近のアメリカでの先住民復権の動きなども詳しい。
img182.jpg

中国(漢民族の一枚岩の国家?)の周辺への侵略膨張を過度に強調する点、西洋の世界侵略をキリスト教文明だけで説明する点など、評価しがたい点もあるが、理系のインテリがここまで書けるのは立派である。

戦前戦後の社会や当時のインテリについて興味のある方には、無料で進呈しますので、ご希望があれば私の大学のメールにでもご連絡ください。momoki[a]let.osaka-u.ac.jpです([a]を@にかえてください)。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。