プロ野球と賭博

もともと「職業野球」は、プロレスやボクシングとそんなに遠くない「興行」だった。
プロレスの選手が賭博をしても、みんなそんなに驚かないだろう。
したがってプロ野球の試合というのは、「良家の子女」が行くところではなかったはずだ。

それが変わったのは長嶋茂雄のあたりからだとされる。
そして古い体質を切り捨てる機会になったのが、1960年代末の「黒い霧」事件。
前の時代の栄光のチームだった西鉄ライオンズが悲惨な崩壊に追い込まれた。

それで大きな利益を得たのが、それまで本当の全国紙とは言えなかった讀賣新聞でとジャイアンツであるのは有名な事実だ。
なぜか追放選手が出た九州(西鉄ライオンズ-後ろに西日本新聞と密接)と中部(中日ドラゴンズ-中日新聞が経営)で、その時期に讀賣新聞が発売を開始した。特に中部でダンピング販売をして紛争になった「中部讀賣」事件は有名である。もうひとつ追放選手が出たのは、1960年代前半の東京で人気を伸ばした東映フライヤーズ。他球団には本当に、賭博に関与した選手はいなかったのだろうか? ちなみにそのとき「灰色」選手に厳罰を与えたプロ野球コミッショナー委員会委員は、のちの「江川事件」でコミッショナーとして江川がジャイアンツ入りできるように計らった人である。

で、今回は「紳士」の球団を売りにしてきたジャイアンツ。因果は巡る糸車ということか。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR